『Assassin’s Creed: Odyssey』詳細情報公開、10月5日に海外発売へ。プレイヤーは非アサシン、「選択」次第で物語は大きく変化する

Ubisoftは本日6月12日、E3 Press Conferenceにて『Assassin’s Creed: Odyssey(アサシン クリード オデッセイ)』を正式発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/PC。海外向けには、10月5日に発売される。開発はUbisoft Quebecが中心となって進められているという。ティザー映像にてその存在が公開されていたが、本日謎に包まれていたベールがはがされた。ゲームのさまざまなシステムの詳細が明かされたので、かいつまんでその要素をチェックしていこう。

スポンサーリンク

『Assassin’s Creed: Odyssey』の舞台は、古代ギリシャだ。プレイヤーはレオニダス王の子孫であるアレクシオス(男性)もしくはカサンドラ(女性)を選び、ペロポネソス戦争が真っ最中の時代に、自分の望むように生きることができるという。今作では、暗殺者としての使命が与えられているわけではないようだ。

こうした自由なゲームプレイは「選択肢システム」の導入により実現される。NPCとの会話の中では選択肢が用意され、彼らと敵対する選択や同盟を組む選択、そして恋愛関係を求める選択など、それぞれの選択を選ぶことで物語は大きく変化していく。クエストを拒否することもあれば、クエストの選択によってさらに話が拡大していくこともあるという。さらには、選択肢によってメインシナリオも分岐していくとのこと。ただし、実際に発生した歴史的イベントは変えられないようだ。

本作はこうした選択を特色としていることから、行動ひとつひとつにも、これまで以上に大きな責任が問われるという。特定の陣営相手に野盗を繰り返せば傭兵が厳しくマークし、付け狙ってくる。彼らから狙われるのは面倒で、複数名で襲われれば切り抜けることは困難になるが、倒せばそれ相応の価値のあるものを落とすようだ。しかしゲームとしてはあくまでステルスすることが基本となるように作られているとのこと。なお、傭兵を殺せば自身の傭兵ランキングが上昇するという。

また本作では、航海要素も搭載されている。乗組員を募集し、船を装飾およびカスタムし大海原へと飛び出す。激しい海戦も健在のようだ。各地に存在する特別な能力を持つユニーク船員は、前述した会話により口説き落とすことができるとのこと。また航海だけでなく、生身で水中に潜ることもできる。ただし、海にはサメが住んでいるので、遊泳は浅瀬程度で終わらせたほうがよさそうだ。

マップは前作の『Assassin’s Creed: Origins』の1.6倍となっており、シリーズ最大の地図がプレイヤーを待ち受ける。エリアは荒涼とした戦場だけでなく、美しい港街や山岳、森林といった幅広いロケーションが用意されている。時間によってこれらの景色は見せる顔を変え、また季節の変化も導入されているとのこと。またギアを中心とした成長要素も、前作『Origins』を拡張したものになるようだ。

『Assassin’s Creed: Odyssey』は、アサシンを主役としない設定で展開されながら、アサシンとテンプル騎士団の起源となる物語を描くとのこと。従来のシリーズの人気の要素をまとめながら、選択肢の追加によりさらなる自由度をもたらす最新作となるようだ。

『Assassin’s Creed: Odyssey』は、PS4/Xbox One/PC向けに10月5日に海外で発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog