Kickstarterで7万ドル集めた『Midora』、資金が尽きプロジェクト失敗。開発者は返金要求の受け付けを発表

Kickstarterで7万3000ドルを集めたタイトル『Midora』の開発者であるWilliam “Mhyre” Ledent氏は、該当ページを更新し返金要求を受け付けることを発表した。返金についての詳細を話すことは避けているものの、主な理由として「出資者の手元にゲームが届けられなくなったが、自分たちはお金を盗む泥棒 でありたくなかったので返金を決断した」と語っている。2016年の初頭にこの対応を決断した理由は、「新しく年を迎える上で、目の前の道を綺麗にしたかったから」だという。『Midora』のプロジェクトは完全に終わりを迎えたというわけではなく、Mhyre氏に精神的、経済的なゆとりが生まれれば再開する予定であるようだ。

『Midora』は2014年春にKickstarterでクラウンドファンディングを開始し、3000人をこえる人々から7万3000ドルを集めた2Dアクションアドベンチャーだ。その色彩や世界観から『ゼルダの伝説』シリーズを彷彿とさせる。クラシックさの踏襲のみならず、クラフト要素によるアイテム作成など現代的なあそびも取り入れられている。

スポンサーリンク

Kickstarter開始当初は早々にSteam Greenlightに登録されるなど順風満帆な出足を見せたが、2015年の6月には資金の枯渇に直面。その理由は、キャンペーンモードの予算を過小評価していたことであったようだ。キャンペーンモードを完成させるにはさらに6万ドルもの資金が必要であり、予算の部分をクリアしなければゲームはアーリーアクセスに出すこともできないと窮状を告白していた。なんとかゲームをリリースするために、さらなる投資者やパブリッシャーを探していたが、結果的には見つけられなかったようだ。

a-failed-kikkstarter-developer-will-try-to-refuend-from-salary-of-new-job-001Mhyre氏は、大金を出資してくれたユーザーに対する全額返金は難しいこと、新しい職を得て生活が落ち着いてから、給料から返金を行うことなどもあわせて発表している。また、返金は便宜を考慮してPayPalを利用したものとなるようだ。氏は返金という結末に至ってしまった無念の胸中を明かしている。

“『Midona』は遠い夢となってしまった。だが諦めるつもりはない。いつか必ず完成させるつもりだ。Kickstarterの出資者は素晴らしかったよ。返金を求める声はほとんどなかった。完成したあかつきには元々届ける予定であった出資特典を渡したいね。返金は行うが、返金が少なければ少ないほど『Midona』の製品化に望みが生まれることを知っておいてほしい。2014年に僕はすばらしい夢を見せてもらった。その夢の続きをいつか叶えたいね。僕は、みんなに夢を追ってほしいと願っているよ。返金についてまた後日アップデートする。”

弊誌でさまざま事例を報じているように、Kickstarterで資金を集めたものの開発を始めてみると予算が足りなかったという案件が昨今増え続けている。そのような状況に陥ってしまった開発者の手元には、クラウドファンディングで集めた資金はほとんど残っていないだろう。返金というのは開発者にとって最も重く苦しい現実のはずだ。なかには3万ドルの出資を受けながら跡形もなく消えてしまうものもいる。Kickstarterに失敗した時に向き合わなければいけない現実は、夢に向かって進み始めたころより数倍重いかもしれない。Mhyre氏はもう一度『Midona』の夢を見ることができるのだろうか。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog