ヴァーチャル・リアリティ、「ポルノ・コンテンツ」がすでに急成長を遂げる。VR市場全体の牽引につながるか

著しい成長を見せているポルノ産業。その一端をVentureBeatが報じている。ポルノ産業は技術革新とともに家電製品と道を歩んできたが、その影響力が過小評価されがちであるといわれている。一説ではVHSとベータマックスが規格を争った際に、録画時間の恩恵によってアダルトビデオの存在がVHSに勝利の一因を担ったと言われている。そういった点では、人々はアダルトコンテンツのために家電製品を買い続けてきたとも言えよう。その長い歴史の傾向はVRでも適応されるのかもしれない。実際に「ポルノ産業はVRの成功を決める大きな要素のひとつだ。」とテクノロジー産業の専門家も語っているようだ。

VRポルノを体験した人々の多くが「すべてが現実に存在しているようだ」と語っている。

スポンサーリンク

 

成長を続けるVRポルノ

画像出典: VentureBeat SimilarWebの調査をみても、2015年だけでもVRポルノは急激な成長を遂げていることがわかる。
画像出典: VentureBeat
SimilarWebの調査をみても、2015年だけでもVRポルノは急激な成長を遂げていることがわかる。

すでに複数のポルノサイトはVRコンテンツを提供しており、VRデバイスを持ったユーザーが利用しているようだ。Oculusのみならずスマートフォン向けのHomidoVRヘッドセットも人気だという。VRの話題が盛り上がってきた2015年は、前年に比べVRポルノサイトへのアクセスも200%ほど増えたといい、特にピークの10月には約320万人もの人々が訪れたようだ。また、VRポルノを“より楽しむ”ために身体的なインタラクティブ性を提供してくれるTwerking Butt VR systemが2015年7月に発表されたが、同サイトはすでに100万弱のアクセスを記録し製品の成功を予感されるものとなっている。

一方でVRポルノの成功を疑問視する声もある。The Daily Dotは「VRポルノは複雑である」と主張している。専用のソフトウェアを起動し特定のコードを入れ頭部に装着し、コンテンツはストリーミングではなくダウンロードしておく必要がある。従来のポルノコンテンツに比べ手間がかかるというわけだ。また、ヘッドマウントディスプレイを装着する際には人間のもっとも重要な感覚である聴覚と視覚が完全に奪われることになる。没入しすぎる危険性や、ドアから誰かが入ってきた際にあらゆる箇所が完全な無防備となる。この危険性を社会全体が看過しないのではないか。すでに議論されている価格という部分も普及の上では重くのしかかるハードルだ。

 

VRポルノに適したデバイスはどれか

VRポルノに適したデバイスはどれなのかという議論も盛り上がりを見せている。先日、Oculus Riftが599ドルで発売されることが告知され、価格に落胆し、PlayStation VRへと期待の矛先を変更した人も少なくないだろう。しかしVentureBeatの記者によると、VRポルノにかんしてはOculus Riftに分があるのだという。PlayStation VRはPlayStation 4を介して機能するものであり、ソニー謹製のアプリしか動かないであろうと見立てられている。一方、Oculus Riftはもっとオープンなものであり、ユーザーが作成するソフトウェアなどに介入していく予定がないことがすでに明かされている。HTC Viveにかんしては、はっきりしたことは言えないもののPCというプラットフォームをベースにする以上はOculus Riftと同様の立ち位置になるのではないかと言われている。

しかし、OculusのCEOであるBrendan Iribe氏はOculus製品を利用したVRポルノについて、Oculusが想定したものではないと語っている

“私達の製品の狙いにVRポルノは含まれていない。あくまでゲームタイトルを最優先に楽しんでもらえるように作っている。両親が13歳以上の子どもに遊ばせられる、そんなコンテンツを目指している。”

CEOの思惑とは裏腹に、Oculus RiftはVRポルノの魅力を引き出すデバイスとして期待が高まり続けており、別売を予定しているTouchコントローラーもVRポルノ向きであるとされ、すでにさまざまなシチュエーションを想定して企画が進行しているようだ 。

Oculus Riftの価格発表以来、一部のユーザーのVRへの期待は減退傾向にある。VRポルノがこのムードを払拭することができるのだろうか。そしてどのデバイスがVRポルノ産業における勝者となるのか。VRをめぐった争いにはしばらく注目が続きそうだ。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog