英語版『CLANNAD』がSteamの売り上げTOP10入り、50ドルの国産恋愛アドベンチャーゲームが「CoD」や「アサクリ」新作と並ぶ

現在Steamの売り上げランキングTOP10に、国産恋愛アドベンチャーゲーム『CLANNAD』の英語版がランクインしている。年末商戦に向け各社が新作タイトルをリリースしているが、『CLANNAD』は『Call of Duty: Black Ops III』や『Assassin’s Creed Syndicate』などの人気作と肩を並べている状況だ。米国では今週金曜日にブラックフライデーセールが控えているとはいえ、恋愛アドベンチャーゲーム、しかも10年以上前にリリースされた国産タイトルがランキングに食い込むのは、珍しい現象だと言えるだろう。

『CLANNAD』が11月24日にリリースされてから現在まで、Steamの売り上げ上位では『Fallout 4』が不動の1位を貫いており、2位には『Counter-Strike: Global Offensive』が付いている。その3位以下は『CoD:BO3』や『GTAV』、または『Undertale』や『Rocket League』などの人気作が並んでおり、『CLANNAD』がこれらのタイトルと肩を並べている。

スポンサーリンク
clannadsteam1
発売直後には『GTAV』や『CoD:BO3』を抜きTOP3に (The image by Siliconera)

本作は2004年にゲーム開発スタジオKeyからリリースされた3作目の恋愛アドベンチャーゲームだ。プレイヤーは主人公の男子高校生「岡崎 朋也」を通じ、個性豊かなヒロインや友人たちと学園生活を送ってゆく。成人向けタイトルであった過去作の『Kanon』や『AIR』とは異なり、今作はKey初の全年齢向けタイトルとして発売されたが、魅力的なキャラクターやプレイヤーの琴線を揺さぶる展開、BGMで大きな反響を呼んだ。のちに多数の機種にて販売され、アニメやコミック、映画化もされている。

2004年にリリースされた『CLANNAD』は2000年代に国内で大きな反響を呼び、海外でもアニメの英語字幕版などがリリースされてきた。一方で本家であるゲーム版『CLANNAD』は英語へとローカライズされない状況が続いていており、ファンによる非公式の英語化パッチがインターネット上で出回っていた。そんななか、2014年11月に国内外のアドベンチャーゲームを販売するSekai ProjectがKickstarterを始動。『CLANNAD』のローカライズ費用を集めるクラウドファンディングを実施し、5819人から54万1161ドルを集めていた。

Steam版『CLANNAD』には字幕やUIの日本語データは収録されておらず、現在のヒットはおもに英語圏のプレイヤーたちによるものだと見てよいだろう。Steam版『CLANNAD』の価格は4980円(現在は15パーセントオフの4233円)とけっして安くなく、この価格帯のアドベンチャーゲームがSteamの売り上げ上位に食い込む光景は、国産海外産を問わず筆者は初めて見る。今年9月にはアージュの『マヴラヴ』が海外向けリリースのためKickstarterで125万ドル以上を集めており、今回の『CLANNAD』をきっかけに海外市場へと打って出る国産恋愛アドベンチャーゲームが増えていくかもしれない。

スポンサーリンク