ゲームキャラのファッションは実際イケているのか、女性誌で活躍する業界人が本音トークでぶっちゃけ採点

先日、ルイ・ヴィトンのキャンペーンモデルに『ファイナルファンタジーXIII』の女性主人公「ライトニング」が選ばれたように、今日のファッション業界は電光石火の勢いで燦爛たる変化をみせている。「ライトニング」のランウェイ進出によって、普段ゲームとはゆかりの薄いファッション業界人から脚光を浴びるきっかけができたといえるが、はたしてゲームキャラクターのファッションは彼らの目にどう映っているのか。女性専門誌で活躍する業界人たちの生の声を、海外メディアKotaku Australiaが伝えている。著名タイトルのゲームファッションを忌憚のない意見で一刀両断する女子の本音に迫る。

 

おっぱいスナイパーのコスチュームは罰ゲーム

トーク形式のインタビューに答えたのは、ビューティー・コスメ専門サイトByrdieの編集者Lisa Patulny氏をはじめ、女性ファッションメディアPOPSUGARで活躍する各部門の編集者、健康フィットネス担当Carina Ross氏、ライフスタイル担当Alexandra Whiting氏、美容担当Justine Dunton-Rose氏、そしてエンタメ担当Genevieve Rota氏。ルイ・ヴィトンのキャンペーンモデルとしてランウェイデビューを果たした『ファイナルファンタジーXIII』の女性主人公「ライトニング」はもちろん、ダークファンタジーの世界観に花咲く『The Witcher 3: Wild Hunt』のヒロイン「Ciri」や、発表当時から方々からけしからんと賛否相次いだ『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の女性スナイパー「クワイエット」、果ては『スプラトゥーン』のイカ娘や『ゼルダの伝説』シリーズの「チンクル」など、多種多様なジャンルにおけるゲームキャラクターのファッションに鋭く斬り込んでいる。

スポンサーリンク
『ファイナルファンタジーXIII』 ライトニング Image Source: Final Fantasy Wiki
『ファイナルファンタジーXIII』
ライトニング
Image Source: Final Fantasy Wiki

「ライトニング」(本名、エクレール・ファロン)は、『ファイナルファンタジーXIII』『ファイナルファンタジーXIII-2』『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』に登場する女性キャラクター。元聖府警備軍ボーダム治安連隊所属の軍人。フランス語で稲妻を意味するエクレールが示すとおり、重力を自在に操り閃光の如く飛び回る。ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクターNicolas Ghesquière氏が「世界的な女性のヒロイン像」と表現するように、戦う女性のロールモデルのような存在だ。小麦色のスカパンとクリーム色のノースリーブジャケットにワインレッドのマントが特徴で、ゲーマーの間では『Fallout: New Vegas』などの他作品でModが作られるほどの人気を誇っている。しかし、ファッション編集者には少し違って見えているようだ。

「褐色とクリーム色のベストはアリだと思うけど太腿のバッグはナシね。そんなのあるの? レッグバッグって現実にもあるのかしら。私は欲しくないわ」「Tomb Raiderのララのイカした親戚って感じ。パステルカラーの髪は共感できるけど、脚のバッグはリュックサックに変えたほうがずっと可愛いと思う。7/10点」と、アウトフィットの評価は高い一方で、小物がいただけなかったようだ。また、「彼女って乱暴そうだからあんまり言いたくないけど、いろいろ足しすぎだと思うのよね。オリーブグリーンにタン、ワインレッドにブラック、クリーム、ネイビー、イエロー…… もうお腹いっぱい。ココ・シャネルの賢明なアドバイスにあるように、“家を出る前に鏡を見て一つ置いていきなさい”を実践した方がいいわね」と、痛いところを突く意見もある。3色程度でまとめるのがファッションの基本だ。奇抜なファッションの多いゲームキャラクターが些か派手すぎて見えてしまうのは仕方がないのかもしれない。

ファッション以外では、「彼女の目を見れば苦しそうなのが分かる。彼女はちゃんと食べてるの? もしそうならハイウエストのベルトは拷問よ。可哀想なライトニング。6点」というダメ出しや、「ベルトをブラ代わりにしてるのはある意味斬新」といった皮肉も。ファッション誌の編集者としては、着心地や実用性にもしっかり着目してしまうようだ。

 

『Deus Ex: Human Revolution』 Adam Jensen Image Credit: Deus Ex Wiki
『Deus Ex: Human Revolution』
Adam Jensen
Image Credit: Deus Ex Wiki

続いて、『Deus Ex: Human Revolution』および『Deus Ex: Mankind Divided』からサイボーグ「Adam Jensen」。「マトリックスのネオの下位互換版って感じ」「ネオとウルヴァリンが子供作ったらこんな感じになりそう」「その長いレザージャケット脱ぎなよ。3点」「最初、男性用アイライナーはやり過ぎかもって思ったんだけど、これサングラスにくっついてるのね。それだけかな。3点」「見た目は“未来からきました”って気もするし、“1888年の切り裂きジャックをここまで追い詰めたぜ”って感じもする。ヴァンパイアみたいな? ピアノを弾いてラテン語を話すのかしら」。

 

『Life Is Strange』 Chloe Price Image Credit: Kotaku
『Life Is Strange』
Chloe Price
Image Credit: Kotaku

『Life Is Strange』からは、主人公の親友「Chloe Price」。腕いっぱいにタトゥーの入った19歳女子の駆け出しファッションには賛否両論だ。「Chloeのこと何にも知らないけど、きっと聴きもしないのにバンドのシャツ着てる人がいたらパンチしちゃうタイプでしょ」「ゲーム内ではどんなキャラクターなのかな。喧嘩する? もしくはイジメっ子? どちらにせよ、彼女の服装はよく分からないわね。ビーニー帽にタンクトップって。ホットかコールドかも決められないって言ってるようなものよ。4点」といった手厳しいチェックが入った一方で、タトゥーとシャツの柄をドクロに統一している点と“Skull”のプリントがマッチしていてセンスがいいという声もある。「服とタトゥーは“てめえのことなんざ知ったこっちゃねえ”って主張する一方で、彼女の目は“私を見て”って訴えているの。その並置が好きだな。ブルーのネイルと見せブラ、それにネックレスもいいね。ささやかな努力があって何より」。

 

『Watch Dogs』 Aiden Pearce Image Source: Watch Dogs Wiki
『Watch Dogs』
Aiden Pearce
Image Source: Watch Dogs Wiki

さらに、ゲームキャラクターとしては最も現実的なファッションといえるのが、『Watch Dogs』の主人公「Aiden Pearce」。センス云々はさておき、セックスの対象としてはセクシーな魅力を醸し出しているようだ。「冬場どこにでもいるようなあんちゃんって感じね。ビーチサンダル履いてないからオーストラリア人でないことは確かだわ」「これってG-Starの2016年秋冬キャンペーンじゃないの?」「ストリートスタイルが結構いいかも。銃持ってなかったらこのWatch DogsのAidenって子とデートしてもいいかも。9点」「ファッションスタイルという点ではナシだけど、セックスアピールという点ではアリ。悪役じゃないといいな」とのこと。天才ハッカー「Aiden」が地味過ぎるせいなのか、もはやファッションなんて誰も見ていない。

 

世界観はがらっと変わって少し毛色の違う議論の対象として、『スプラトゥーン』のイカ娘、『ゼルダの伝説』シリーズの「チンクル」、そして『メトロイド』シリーズからゼロスーツ着用の「サムス・アラン」が登場。日々ファッションに携わる人間は、任天堂のシンボリックなキャラクターをどのような観点で見つめるのかが気になるところだ。

『スプラトゥーン』 インクリング(女) Image Source: Splatoon Wiki
『スプラトゥーン』
インクリング(女)
Image Source: Splatoon Wiki

『スプラトゥーン』のプレイヤーキャラクター「インクリング」は、オシャレになるためにハイカラシティへやってきた血気盛んなお年頃。“イカ”した存在を目指す少女は、ファッションのプロにどう映るのか。「ペイントガンと髪の色がマッチしているところが素敵。2000年代はじめに流行ったバカでかいスニーカーを履いてるわね」「まあ、なんて実用的なお靴なの。イカ娘は実用的ね。9点」と、とにかく実用性には好意的。しかし、「小学校に絶対いるイジワル娘って感じ。テーブルを下から蹴りあげて知らんぷりする子いるでしょ。ヘッドフォンはイカしてるかもしれないけど、ピンクの靴に髪と水鉄砲の色が相反してるところが減点対象。無作法ね。4点」と、色彩には厳しい評価を下している。

 

『ゼルダ無双』 チンクル Image Source: Zelda Pedia
『ゼルダ無双』
チンクル
Image Source: Zelda Pedia

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』から登場した全身緑タイツ「チンクル」(35歳独身)にいたっては、奇想天外過ぎて時代を先駆けるファッション業界といえど生理的に拒絶されている。「惚れ惚れするほどウザい! ネオングリーンほどイラつくものはないわ。あと、何で気持ち悪いワンジーの上から赤い水着穿いてるのよ」「一体全体何なのよ。子供の頃に見た怖い夢に出てきそう」「この人アル中なの? 鼻がそう言ってるもの。名前がどれだけ可愛くっても、赤のSPEEDO(競泳水着)で相殺された緑のワンジーなんてあり得ないよ」。中には、理解に苦しむファッションにも愛嬌たっぷりの自信を見せる彼のキャラクターを評価する声もあったが、その正体が森の妖精に憧れる35歳のおっさんだとわかった瞬間に拒絶反応を起こしている。

 

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』 ゼロスーツサムス Image Source: 公式サイト
『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
ゼロスーツサムス
Image Source: 公式サイト

『METROID: ZERO MISSION』以降のシリーズで、主人公「サムス」が着用しているのが全身タイツ型のゼロスーツ。可憐になびく金髪のポニーテールと鮮やかな青色が特徴で、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにも3作目から登場している。「彼女のスーツはまるでオリンピックで使用される空気力学を応用したユニタード水着みたいね」「彼女は服を着ているの? それとも単に首から下が青いの?」「マジで、もし自分がゲームキャラクターになれるならこんな風がいいな」。同じ全身タイツでも、スタイル抜群の「サムス」の評価は「チンクル」とは雲泥の差だが、1点だけ彼女のヒールにケチがついた。「どうしてゲームデザイナーはこうもヒールを履かせればいいと思い込んでいるのかしら」「ダサいヒールが減点対象」「流線型のアウトフィットにこの靴はちょっとヘビーかな」。ハイヒールを履いたことがある女性なら誰でも分かるだろうが、7cm以上のヒールで俊敏に動きまわるのは至難の業だ。

 

『The Witcher 3: Wild Hunt』 Ciri Image Source: The Witcher Wiki
『The Witcher 3: Wild Hunt』
Ciri
Image Source: The Witcher Wiki

「Cirilla Fiona Elen Riannon」(通称、Ciri)は、『The Witcher』シリーズに登場する女性キャラクター。Cintra王国の王女様だ。『The Witcher 3: Wild Hunt』では、プレイアブルキャラクターとしても出演している。「Ciriは奇跡的にカッコいいモデルの典型例って感じ。身長高くてとってもスレンダーで。頭おかしいんじゃないかって衣装や首を傾げちゃうヘアスタイルでもイケてるように魅せられる人っているでしょ。彼女はクールだからいいけど、もし私がこんなの着たら両親は警察に通報しちゃうわね」「履きやすいサイズのヒールだし、ベルトや腕のじゃらじゃらも多すぎないし、この服装ならオフィスからバーにすぐ行けるんじゃないかな」「これならまともに批評ができそう。レザーパンツに、ウェスタンにインスパイアされたブーツ、プレーリースタイルのトップス、イカしたアクセサリー…… 彼女は分かってるわね。図々しくもセクシーで、まるで私たちが考えることを意識しているみたい」。ウェスタンブーツは2016年トレンドアイテムの一つとして紹介されていることからも、ダークファンタジーのプリンセスが最も業界通と映ったようだ。

 

最後に、アクションゲーム界きってのファッション異端児が槍玉に挙げられた。言葉を持たない狙撃手「クワイエット」は、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』を象徴するキャラクターの一人だ。バストサイズに全く適していない乳バンドに、パンツ(ビキニ)丸見えのビリビリシアータイツ。裸同然の姿で戦場を駆けまわるその勇姿は、ドS女王様ベヨネッタも顔負けの痴女っぷりといえる。ビッグボスのかつての盟友「ゼロ」なら間違いなく“度し難い”と断罪するだろう。性欲を持て余す「クワイエット」ファッションは、発表当時フォーラムを中心に大いに議論の的となり、ハードボイルドな作風におけるおっぱい成分に対する賛辞や野次が方々から飛び交った。どうして彼女が兵士たちの慰みものにならないのか。本編をプレイすれば人間離れした秘密が明らかになる。

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』 クワイエット Image Source: Metal Gear Portal Site
『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』
クワイエット
Image Source: Metal Gear Portal Site

「ごめんなさい。これって服なの? お着替えまだ終わってないと思うんだけど。ゲーム中に、“カーディガン忘れてるわよ!”って上着を持ったお母さんみたいなキャラクターが追いかけてくることを願うわ。そうじゃないの? このゲームプレイしてみたいかも」「マジ何なの!? おっぱいがある人なら誰でも知ってることだけど、5サイズも小さいビキニ着てたら乳首ポロりしないことを祈りながらじっとしてる以外にほとんどできることなんてないのよ。クワイエットはどうやって生活してるの? その他の変ちくりんな部分に関してはもう言わせないで。1点」。誰がどう見ても罰ゲームにしか見えないようだ。「彼女が武器を振り回してなかったら、この衣装を着るよう“強いられている”と思っちゃうわね。女の人がこんな格好をするのは“そういう時”だけだもの」。余談になるが、ブラやビキニのサイズが胸の大きさに見合っていないのは、ゲームやアニメに登場する巨乳キャラクターの大半に言える。

ネタバレになるのでここでは割愛するが、「クワイエット」には全裸同然の格好をしている正当な理由がある。加えて、おっさん同士で殴り合うむさ苦しい世界観に、豊満な夢を詰め込むセックスシンボルとして一役買っているのは間違いない。「まあ、ちっぽけな何かの断片で性器は隠してるわね。タイツは何事かと思うくらい穴だらけ。このファッションはありとあらゆる場面で不適切。けどカッコいい戦闘靴を履いてるね。それからこのムチムチボディー。見せびらかして当然よね。彼女がどうして憂鬱に見えるか分かる? 脂ギッシュな髪よ。お嬢ちゃん、シャワー浴びなよ」。しかし、ファッションとしては、「何も言えねえ。ありえない。全部がダメ。0点」が、業界人のみならず一般女性の本音だろう。

スポンサーリンク