『風のタクト』、発売から14年経った今新たな隠し要素が発見される。「カーレ・デモス」を「森の水」で撃退

任天堂の看板フランチャイズ『ゼルダの伝説』シリーズには、随所に小ネタが仕込まれていることが有名だ。伝統の域になりつつある“隠し要素”は、『時のオカリナ』から始まった3D作品にも多く仕込まれている。『風のタクト』もそのひとつで、素顔の見えない露天商を「デクの葉」の風起こしで正体を確認することができるなど、さまざまなロケーションで小ネタを発見することができる。

スポンサーリンク

そして発売から14年経った今、また新たな小ネタが発見された。対象となるのは二番目のダンジョン「禁断の森」のボス「カーレ・デモス」。カーレ・デモスはツボミのような部分に弱点を持つが、本体は天井に張り付いており、通常の攻撃が届かない難敵だ。このボスを攻略するには、ダンジョン内で手に入れたブーメランを使い触手を切り落とすことで本体を地上に落とす必要がある。

ブーメランで触手を攻撃し、本体が地面に落ちた後、普通のプレイヤーは剣でツボミを攻撃する。すると、ボスはまた天井に張り付くのでまたブーメランを使用する。この手順を繰り返しながら、やっとカーレ・デモスを倒すことができるというわけだ。しかしYouTuberのFish_waffle64氏はとある思いつきで、このツボミの部分に剣で攻撃を与えるかわりにアイテム「森の水」を振りかけた。すると、カーレ・デモスは一撃で葬られ、無事に森に平和がもたらされた。

「森の水」は「森の島」でのみとれることが可能な貴重なアイテムだ。ストーリー状では「森の樹」を復活させるために用いられるが、採取してからゲーム内で20分経過すると、ただの水に変化してしまうといういわくつきのもの。つまり「森の水」をわざわざダンジョン外のデクの樹周辺の水たまりで汲み取り、そこから20分以内にカーレ・デモスのもとへ辿り着くという早業をこなすテクニックが必須となる。

『風のタクト』は2013年にWiiU向けのHD版が発売されており、まだまだ一定のプレイヤー数が存在している作品ではある。とはいえ、特殊な実験をわざわざおこなっていたプレイヤーの熱意も相当なものであるし、こういった細かいネタを仕込むのもさすが『ゼルダ』といったところだろう。この小ネタは2002年のゲームキューブ版でもWiiU版でも再現可能とのこと。

ちなみに北米では『ゼルダの伝説』シリーズは絶大な支持を得ており、新作への期待はもちろんのこと、過去作の「イースターエッグ」(バグや小ネタ)探しにも熱心だ。イースターエッグによっては、スピードランに適応できることもあり“単なる小ネタ”の域ではないほど重要視されている。開拓されていないイースターエッグを発見すれば、その界隈で脚光を浴びることもあり、コミュニティ内では血眼になり新たな発見を求めるプレイヤーも多い。

しかし、多くのユーザーから注目を集めたいがゆえに、実現不可能なグリッチをでっちあげるプレイヤーが生まれている現状もある。特にスピードラン界隈では不正を含めたトラブルが多い。今でも『ゼルダの伝説』シリーズの新たな隠し要素が発見されるのは、そういった高いコミュニティ熱が背景にあるのかもしれない。ちなみに今回の「森の水」を用いた方法はスピードランには役立たないテクニックなので、トラブルの心配はないだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog