『DARK SOULS』のデータ解析から生まれた対人戦AI「Project King」、10か月の開発を経て不死の世界に降臨

高難易度アクションRPGの金字塔『DARK SOULS』シリーズ。最新作『DARK SOULS III』の発売を数か月後に控える中、初代『DARK SOULS』のデータ解析から生まれたファン作成の対人戦AIが、海外フォーラムを中心に脚光を浴びている。10か月におよぶ開発の裏側と改良を重ねる現状を、業界メディアKotakuがいち早く報じている。

 

スポンサーリンク

ドMゲーマーの聖地に降り立った王

『DARK SOULS』は、2011年にフロム・ソフトウェアから発売された同社開発のアクションRPG。2009年にソニー・コンピュータエンタテインメントからリリースされた『Demon’s Souls』のスタッフが手がけた後継作で、チャレンジ・発見・達成感に重きを置いた高難易度のゲーム内容がカルト的な人気を博し、ハードコアなユーザー層から末永く愛されている。プレイヤーたちが旅の道中で残したメッセージや死に際の記憶を共有できるのが特徴で、間接的なコミュニケーションによるユーザー同士の緩やかな繋がりをモットーにしているが、協力プレイや敵対プレイといった対人要素も用意されている。2014年には続編となる『DARK SOULS II』が発売。今年3月24日にはシリーズ第三作『DARK SOULS III』のリリースを予定している。

『DARK SOULS』の敵対プレイ用のAI「Project King」を開発したのは、シリーズの熱狂的なファンmetal-crow氏。10か月におよぶ徹底的な逆行分析で実現したという開発の経緯や、最新作『DARK SOULS III』の発売を目前にして本作に寄せる想いを、海外フォーラムRedditに綴っている。「DARK SOULS IIIがもうすぐ出る。DARK SOULSが発売されて早4年。今も対戦モードを定期的に遊んでいる熱心なユーザーは数百人程度の超上級者のみになってしまった。対戦相手がいなくなるほどオンライン人口が減ってしまうまであとどれくらいの寿命なのかはわからないけれど、ゲーム史上最も偉大ともいうべき作品の門出を祝したいと思ったんだ。このゲームの最後の門番として。決闘でいかなる人間にも負けない存在を」。

開発者が公開した紹介トレイラー

metal-crow氏によると、「Project King」はまだ第一段階に過ぎないとのことで、バグや欠点が多く残っており、完全無欠の最強AIとまではいかないという。その一方で、数日間にわたるテスト運用の中では無差別なプレイヤーの辻斬りに見事成功しているとのこと。最新作『DARK SOULS III』の発売直前にして、実戦投入に十分な成果が確認できたことからプロジェクトの公開に踏み切ったと説明している。また、AIの開発コードはオープンソースとして公開されている。ジョイスティック用仮想デバイスドライバ「vJoy」やニューラルネットワークライブラリ「FANN(Fast Artificial Neural Network)」、デバッグおよびメモリスキャンツール「Cheat Engine」があれば、誰でもAIの改良や改変に着手できる。

Kotakuが抜粋したソースコード内の記述によると、ゲームを構築するコードは通常オープンソースではないことから、敵のX座標やY座標といったAIの行動原理をつかさどるゲーム内変数を収集するために、逆行分析をかける必要があったのだという。まず、2台のパソコンを使用して自分自身と接続することで、テスト用の敵プレイヤーを用意。その後、「Cheat Engine」で敵となるキャラクターの位置座標やその他の変数値を割り出したとのこと。これらの値にポインタースキャンを実行し、その結果を相互参照することで実行可能なベースアドレスが判明する。エネミー構造体や変数へのパスをポイントする際に、ゲームはこのアドレスを使用しているというわけだ。

「Project King」のAIには、敵からの距離や敵の速度、プレイヤー前方を起点とした敵への角度、敵とプレイヤー間の回転差といったパラメータを防御系のインプットとして利用しているように、人工ニューラルネットワーク(脳神経系をシミュレーションした数学モデル)をパターン認識として応用した手法が用いられている。このため、機械学習による従来の人工知能(Artificial Intelligence)というよりは、むしろ学習の反復が基盤となる計算知能(Computational Intelligence)、CIと呼ぶのが相応しいだろう。なお、「Project King」の攻撃系インプットは今のところ明確に定義されていない。AIがいつ攻撃を仕掛けるべきかといった具体的な判断基準を設けることが難しいからだ。

YouTubeユーザーPokashineが作成したトレイラー

ドMゲーマーの聖典『DARK SOULS』をこよなく愛する制作者が、10か月にわたって秘密裏に開発を続けてきたというAIプロジェクト。満を持してのお披露目に、フォーラムのコメント欄では「同じコーダーとしては“fucking amazing(クソすげえ)”、同じゲーマーとしては“fuck that(クソ喰らえ)”」といった賞賛が寄せられている。不死の世界に降臨した王は今も進化を続けている。

スポンサーリンク