『Battlefield 4』内でゲーム史上最も発見が困難なシークレットの存在が確認される。モールス信号を解読し見つけ出せ

『Battlefield 4』といえばさまざまな隠し要素が存在し、それらは「イースターエッグ」と呼ばれている。どのイースターエッグも見つけ出すことが手強いことで有名であるが、今回のものはゲーム史上最も発見が困難であるとも言われているほどの難易度だったようだ。発見したのはJackfrags氏。これまでにも数々の『Battlefield』シリーズのイースターエッグを解き明かしてきた猛者だ。

スポンサーリンク

今回の謎解きの舞台となるのは『Battlfefield 2』で人気を博しリメイクされたDragon Valley。このマップの寺院のどこかの柱にドクロマークの落書きのようなものがあるようだ。そしてその落書きの周囲の照明が点滅していることがわかる。これはモールス信号を表しており、ベラルーシ語となっている。内容は「俺に会いたかったか?幸運を祈る」という『Battlefield 4』の開発者Julian Manolov氏からの挑戦状だったようだ。寺院内を歩きまわるといくつかの照明がついていないことがわかる。

この照明をヒントにDragon Valley内のスイッチを探すことになる。まずは寺院の敷地内の植木の側面下部にあるスイッチだ。ここにあるものはまだまだ簡単な方で、次のものは岩の下部に、その次のものは水中の岩に張り付いている。床板の下やかまどの裏、建物の上のものを押して回る。最後のひとつは驚いたことに岩場でヘリコプターを乗り捨てて木を爆破することで姿を表している。全てを押して寺院に戻ってくると、またも照明の明かりと配置が変わっている。

この照明の明かりと配置がメッセージになっているようだ。あまりの複雑さにJackfrags氏は配置のメモ取りと色分けをすることをすすめている。各スイッチと照明の関連性を把握するためには何度も何度も前述のスイッチを押し確認する必要がある。

これらの作業を終えると最初のドクロマークの落書きが数字のパネルへと変化している。このパネルのいずれかのキーを入力すると近くの照明が点滅し始める。この照明はまたしてもモールス信号のようだ。4分間にわたる信号を解読し、給水塔の近くで2分間待機しているとスイッチが現れ、それを押すとまたもや数字のパネルが出現する。さきほどのモールス信号から解読した数字を打ち込むと誰かの叫び声が聞こえる。

これで一連の作業が終了だ。叫び声が聞こえた後何も変化が起こらず不思議に思えるが、メニュー画面に戻るとキット選択画面に「DICE LA」という名前のカムフラージュが追加されている。なんとも骨の折る作業だったが、これで新たなシークレットが解禁された。

『Battlefield 4』ではこれまでにもファントムボウの入手など手強い隠し要素がユーザーの手によって暴かれてきたが、今回のカムフラージュは更に難易度の高いイースターエッグだったようだ。

ちなみに、照明点灯よって発せられるモールス信号はラウンドごとに異なり、人によって違うものになっている。そのため個々人で探さなければいけないので注意してほしい。より簡潔にアンロック法を解説している動画などもあるので、己の手で謎を解きたいユーザーは、そちらも参考にしてみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog