『DOAX3』VR体験会が海外から批判される理由、セクハラシミュレーターに見る性風俗の価値観と非実在性

3/22 読者アンケートのプレゼント当選者さまにSteamキーをお送りしました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。

先日、コーエーテクモゲームスは、『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』のPlayStation VR体験会を開催した。あくまでイベントの趣旨は、仮想現実のリゾート地で水着姿の女の子を間近で眺めたり、身体のやわらかい部分に触れたりできる技術デモに過ぎないはずだったが、YouTubeに公開された体験動画が女性に対する痴漢や性的嫌がらせを連想させるとして、海外メディアを中心に批判の的になった。それに対しユーザーの反応は賛否両論。ゲームの中で架空の女性を性的玩具として陵辱しようが現実社会には無害という主張がある一方で、セクハラシミュレーターともいえる常軌を逸した遊び方は、もはや陵辱系ゲームに見られるような性癖ポルノと変わらないという意見も。一部では、ゲームが消費者に及ぼす心理的影響に関する一般的な議論にまで発展している。国内およびアジア圏でしか発売されなかったゲームをめぐる女性キャラクターの性描写から、日本と欧米における性風俗に対する価値観の違いと、性的対象の非実在性に秘められた倫理観の落とし穴を紐解いていく。

 

エロいからダメなのではない

『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』は、2016年3月にコーエーテクモゲームスから、PlayStation 4およびPlayStation Vita向けに発売されたバカンスゲーム。対戦型格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズに登場する女性キャラクターとなって、南国の楽園でビーチバレーやビーチフラッグといったアクティビティを満喫できるほか、島のオーナー代理となって女の子の生着替えやグラビア撮影を楽しむという遊び方もある。PlayStation 4版は、過去作にはなかった「やわらかエンジン2.0」を実装したことで、なめらかなおっぱいの揺れに加えて、水着の着崩れや日焼け、濡れた人肌の自然な描写を実現。今年10月にリリース予定のPlayStation VRにも対応している。また、PlayStation Vita版は描画性能では劣るものの、タッチスクリーンの使用が特徴だ。なお、本作はシリーズで初めて日本およびアジア圏内の発売に限定されたことで、以前から国内外で物議をかもしていた。

豊富な種類の水着が魅力
豊富な種類の水着が魅力

今回、欧米のメディアを中心にバッシングの対象になったのは、VR体験会で披露された一部のゲームモード。水着姿の女性キャラクターを前に、PlayStation VRを装着したプレイヤーが女体の敏感な部分を凝視したり触ったりできるという内容だ。ここまでは、日本特有のアプローチでエロスを追求する“Hentai”文化の一例でしかない。特筆すべきは、対象のキャラクターが「ヤダ!」「ダメ!」「ヒドイ!」「キャア!」といった台詞と共に明らかな拒絶反応を示している点だ。なお、身体は喜んでいるという希望的観測に基づいた仮定は、行為対象の非実在性の観点から議論に含めないものとする。業界メディアPolygonの女性記者は、オピニオン記事の中で、女体は危険なものと教え込まれた自身の教育経験を振り返り、女性の身体を一方的にエンターテイメント化する風潮そのものに不快感を示した。

その上で彼女は、バーチャル・リアリティへの機能拡張こそが、本作に登場する女の子たちを単なるオブジェクトとして扱っていないことの証明であると指摘している。VRモードで陵辱されるキャラクターには、胸やお尻を弄られることを嫌がる感情描写が含まれており、それは肉欲を満たす性的玩具としてだけではなく、“彼女”の人間性の表れに他ならないからだ。女性を“モノ”として扱わない以上、双方の合意に基づかない性行為は痴漢、もしくはエスカレートすれば強姦と見なされる。たとえば、限りなく人間に近い女性型のアンドロイドを“所有”していたとして、“彼女”の身体は人間と性交渉できる機能を有しているものと仮定する。感情がないため何をしても嫌がらない“彼女”を無理やり押さえつけて大勢で輪姦したら、その行為は果たして一方的な性的暴行と呼べるだろうか。要するに、嫌がる女の子のリアクションを楽しむコンテンツの意図そのものが、国外から批判を浴びているのだ。

 

本当は喜んでいるだろうという妄想

国内と欧米における温度差の背景には、性風俗に対する価値観の違いがあるといえる。それはアダルトビデオの作風からも確認できる。古来より恥じることを美徳とする日本では、潜在意識に眠る背徳行為への欲望表現として、嫌がる仕草をフェティシズムの対象とする傾向がある。国産ポルノには、AV女優が少なくとも表面的には拒否反応を演出しながらも、リビドーのままに性行為へおよぶ作品が多い。対して洋物は女性側が最初から攻めの姿勢である。もちろん、中にはレイプがテーマの創作物も少なくない。女性キャラクターを性奴隷にすることを目的にした陵辱系ゲームもいい例だろう。このように、日本では合意に基づいていないセックスを見世物にする風潮が問題視されることはほとんどない。今回槍玉に挙がった“痴漢シミュレーター”にも悪意などなかったはずだ。

日焼けのあとをくっきり再現
日焼けのあとをくっきり再現

しかし、海外の“Hentai”ファンからは地上の楽園と呼ばれる一方で、国際的には日本特有の性風俗がたびたび非難の対象に挙げられていることも事実である。今年2月、国際連合人権高等弁務官事務所(通称、OHCHR=Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights)が、日本も批准している女子差別撤廃条約(正式名称、女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約。通称、CEDAW=Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women)の規定に則って女性の権利を見直すよう求めた際にも、強姦や性的暴力の表現を含むゲームや漫画の発売禁止という項目が議題に盛り込まれていた。その背景には、急進派フェミニスト団体の存在もあり、特定のイデオロギーに傾倒した批判という印象は否定できないが、少なくとも日本の性風俗が世界的なスタンダードからかけ離れていることは確かだろう。

今回のバッシングは、あくまでも合意に基づいていない性的行為の描写と、非ポルノコンテンツにおける明確な痴漢行為が物議をかもした結果であり、決して『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』がエロいからという理由で叩かれているわけではない。議論の本質は、性風俗と女性像に対する価値観の違いに他ならないのだ。実在しない女性キャラクターに何をしても自由ではないかといった反論や、露骨なセックス表現を含んだゲームが性犯罪を助長しているといった問題提起は、ここでは些かお門違いと言える。もちろん、本作のような所謂ハーレムゲームもエンターテイメントの多様性の一部には違いないが、たとえ対象年齢が17歳以上とはいえ、本来VRポルノと無関係のプラットフォームで“痴漢シミュレーター”まがいのコンテンツが容認されたとあっては、国際世論から批判されても仕方がないのかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog