今週は『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』に向けて予習。連休はセクシー下着集めで過ごしました。それぞれのゲーミング

Now Gamingは毎週日曜日、各ライターがその週にプレイしたゲームについて書きちらします。63回目でございます。

今週の話題は「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」でしょう。関連ニュースはこちらから確認できます。

スポンサーリンク

 

いずれ肴になるとはつゆ知らず

ng-63-yamanaka

発売日に購入していたものの、ずっと積んでいたいわゆるファミコンミニを少し遊んでみました。子供の頃、兄がファミコンを持っていたので、それで遊んでいました。とはいえ、たくさんゲームを買えたわけではないので、まだ遊んだことがなかったゲームも収録されていて当分飽きなさそうです。こんな思い出話が一定以上の年代の酒の席で交わされているのでしょうか。

このファミコンミニ、いまだに品薄のようですね。50万台以上売れているそうですが、モノの性質上ある程度行き渡ると需要が止まる可能性がありますし、任天堂も増産には慎重になっているのかも。スーパーファミコンミニPCエンジンミニなんて噂もありますが、本当に実現したらこちらも争奪戦になりそうですね。そういえばPCエンジンも兄のを借りて遊んでたなあ。スーファミはカセットだけ買って友人の家で遊んでたっけ。そもそもスーパーカセットビジョンが……きりがないのでこの辺で。
by Taijiro Yamanaka

 

野郎旅もしくはハーレム

ng-63-ishii

新作にむけた予習として『ニーア レプリカント』をプレイ。7年近く前の作品ではあるものの、あまりストレスを感じず快適に遊べました。レプリカント/ゲシュタルトの物語は開発上の制約があったからこそ生まれたものだと思うのですが、続編ではどのようなアプローチをとるのか気になります。

キャラクターはニーア、カイネ、エミールの3人とも好きです。とらえ方によっては「野郎3人旅」にもなるし、乙女2人とのちょっとしたハーレム旅にもなるのが面白い。そういう意味でも視点を変えながら繰り返しプレイできる稀有な作品だなと。カイネさんの露出度が高い理由も個人的には納得がいくもので、「歩くファンサービス」だなんて呼んでいた自分が恥ずかしいです。いや、ファンサービスには違いないか。
by Ryuki Ishii

 

やあやあワトソンくん

ウィンターセールで購入した『Sherlock Holmes: Crimes and Punishments』が熱いです。本作は、ゲームの流れとしては一本道ながら、事件ごとに犯人を自分で推理して逮捕し、さらに容疑者の処遇さえも決めることができる画期的なアドベンチャーゲーム。めちゃくちゃな理屈で無実の人間を豚箱に放り込むことができます。こうしたオリジナリティの高いシステムに加えて、実写版『シャーロックホームズ』を丁寧になぞった大人の物語と演出が体験できるわけです。

ng-63-umise

それぞれの容疑者と、処遇ごとの結末が用意されているのも素晴らしいです。真相にたどり着ければ濃厚なトリック解説を聞くことができます。日本語にも翻訳されており、ゲームの雰囲気を守ったローカライズもまた本作の魅力です。ただ、ホームズの部屋着がピコ太郎と同じようなセンスなのがとても気になりました。
by Minoru Umise

 

体調悪い時にヤギゲーやって悪化する新年

昨年末から寄せては返し引く波のように熱が繰り返す非常にやっかいな風邪にやられてしまい、落ち着いてゲームするどころかいつ年が明けたのかもよく覚えてない今日この頃です。それでもようやく最近少し復調してきたのでPS+のフリープレイで配信されていた『Goat Simulator』をダウンロードして始めてみたはいいものの、あまりにも意味が分からなくて混乱してるとようやく去ってくれた風邪さんが心配してまた近づいてきてくれたようで本当に嬉しい限りです。個人的に対戦格闘ゲームとFPSがその時の体調を如実に反映する2大ゲームジャンルだと思っているんですけど、ここへきて復調しかけている体調を圧倒的パワーでゆり戻してくれるゲームに出会えるなんて思っても見ませんでした。僕ヤギ座なんでそこそこ最近誕生日を迎えたんですけど、幾つになっても出会いは人生の絶景だなってヤギゲーに教えられました。そんな新年です
by Nobuhiko Nakanishi

 

ウェイストランドのセクシー下着を全部集めたい

ng-63-kawai

スマホゲームはあまりプレイしないのですが、『Fallout Shelter』にすっかりハマってしまって連休を潰してしまいました。無課金でも延々と遊び続けられます。『SimCity』のようにライフラインを確保して、『Banished』のように愛の巣でオフパコさせる繁殖シミュレーター。そこに『Fallout』シリーズ最大の醍醐味であるウェイストランドの探索要素が加わって飽きることがない。とんでもない時間泥棒です。

外界を旅する時は行きも帰りもリアルで時間がかかるし、セックスしたら一瞬で妊娠するのに出産までに3時間もかかってしまう。そこでおすすめはPC版とスマホ版を両方起動して、計6つのセーブデータを同時にプレイする遊び方。無料ガチャを引く楽しみも6倍です。探索パートは出来事ログを眺めるだけですが、消火栓ハンマー片手にセクシー下着のお姉さんがスーパーミュータントを一撃で殴り殺すさまは最高にシュール。
by Ritsuko Kawai

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog