『Pony Island』レビュー、かわ縺いポニーを操作すアア楽しモアクシモョ?ー引!あなたを縺ゅ>殺縺・て縺? ・魂撰托抵シ?

Pony Island』は、インディーデベロッパーのDaniel Mullins氏により開発・発売された”サスペンス”パズルゲームだ。2016年1月5日にリリースされたばかりの本作は、わずか498円の無名のタイトルでありながらも、すでにSteamで700件近いレビューを獲得。一部の海外メディアにも取り上げられるなど、ひそかな注目を集めている。

もとはゲームジャムの「Ludum Dare 31」にて開発された本作、一見するとポニーがテーマのカジュアルゲームに見えるのだが、いったいどのような内容なのだろうか。筆者は498円をさっさと払い、ゲームをプレイしてしまうことをオススメする。信用できないという読者は、このままレビューを読み進めて欲しい。

スポンサーリンク
2016-01-08_00042
かわいいかわいいポ?ニーの鏤ィー・漣

ゲームを起動して表示された『Pony Island』のカラフルなメニュー画面は、スタートボタンを押すとがらりと切り替わる。ハードディスクがカリカリと鳴る音が聞こえ、古臭いディスプレイ上に味気ないレトロ風ゲーム「Pony Island」が表示される。どうもメニューは壊れており、スタートを押してもゲームは始まらず、オプションの各項目はいずれもデタラメだ。不可解に思いながら色々と試してゆくうちに、プレイヤーは本作が単なるポニーゲームでは無いことを思い知ることになる。

すでにSteamのストアページやトレイラーから異様な雰囲気を察知した読者も多いと思われるが、ネタばらしをしてしまうと、『Pony Island』は架空のビデオゲーム「Pony Island」をプレイする”プレイヤー”になるという内容の作品だ。一見すると可愛らしいポニーのゲームである「Pony Island」は、実はプレイヤーの魂を刈り取る悪魔のゲームだった。あなたの分身であるゲーム内の”プレイヤー”は、「Pony Island」に囚われた魂たちの解放を目指すことになるのである。

2016-01-08_00019
「Pony Island」はあなたの魂を刈り取る悪魔のゲームだった
2016-01-08_00005
おかしな項目が並ぶオプション画面、Backボタンが本来の位置からずり落ちている

『Pony Island』で全編にわたり描かれているのは、「コード改造を駆使したゲーム(悪魔)とプレイヤーのあくなき戦い」だ。ゲーム側は「Pony Island」をクリアさせまいと躍起になり、最終的に降伏したプレイヤーの魂を囚えてしまおうと考えている。ゲームクリアするために必要な攻撃手段を隠したり、レベル上げのための獲得経験値を異常に低くしたりして、プレイヤーのやる気を奪ってくるのだ。一方でプレイヤーも、プログラムコードの穴から侵入して、そういった悪魔に隠されたシステムを手に入れたり、改造コードで経験値を一気に獲得するなどして対抗する。

プレイヤーを「チーターめ!」と罵りながら妨害し続けるゲームと、それをくぐり抜けるため裏ワザを連発するプレイヤー側の掛け合いは、意地の悪い開発者と改造行為に手を染めたゲーマーの延々と続く戦いを描いているようでニヤニヤと笑えてしまう。ゲームバグやコードハックの演出は、時に『かまいたちの夜2』の「金のしおり」のように怖く、時に『The Stanley Parable』のナレーターとの巧妙な掛け合いのように面白い。498円の低価格なゲームでありながらも、『Pony Isand』は「悪魔のゲームと戦うプレイヤーの物語」を見事なプロットやストーリーテリングで描き切っているのだ。プレイヤーは世界観に引き込まれ、まるでゲーム内の”プレイヤー”が自分自身であるかのような錯覚に陥ることになる。

『Pony Island』のゲームプレイは非常に多彩だが、大きく分けると3種類に分類することができる。本来の「Pony Island」である2D横スクロールアクションでは、ポニーが柵を飛び越え口から出るビーム(息)で敵を倒しながらゴールを目指す。またコードを改変する際にもゲームが発生し、自動落下する鍵をゴールまで送るあみだくじのようなパズルに挑戦することになる。このほかには「Pony Island」のプログラムを搭載したオペレーションシステムを操作するシーンがいくつかあり、チャットでほかの囚われた魂と喋ったり、ファイルを起動して各種ゲームをプレイしたりすることができる。

2016-01-08_00030
妨害を繰り返してくるビデオゲーム(悪魔)、プレイヤーはコードの穴をくぐり抜け対抗する
WS003549
OS上でチャットやファイル解析などをする場面も
ss_e5e5d465d04fb1506cb82f27f712a0d73023b2e3.1920x1080
コードを改造するシーン。プログラミング知識は必要無く、パズルを解く感覚でプレイすればいい

3時間ほどでゲームをクリアしたあとよくよく思い返してみると、『Pony Island』に収録されているのはいずれもミニゲームレベルの遊び要素ばかりなのだが、それらが「悪魔のゲームPony Islandをプレイする」という1つの体験へと巧妙に落とし込まれている。『Pony Island』には豪華なビジュアルも饒舌なナレーションも存在しないが、こと「体験」という点においては、同価格帯、いやそこらのフルプライスの作品の追随も許さないクオリティがあると言えるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog