LJL2017 Spring Splitがついに開幕、世界を目指す運営陣とチームオーナーたちが意気込みを語る

1月20日、都内特設スタジオにてPCゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の国内プロリーグ、「League of Legends Japan League」(以下 LJL)2017 Spring Splitの開幕戦が行われた。

RIOT_SAITOU開幕に先立ち、ライアットジャパンの齋藤ディレクター、さらにリーグを戦い抜く6チームのオーナーがプレゼンテーションを行い、今シーズンにかける意気込みを語った。開幕戦の試合内容は公式配信でチェックしてもらうとして、本記事では2017年全体の方針となるプレゼンテーションの内容をお届けする。

スポンサーリンク

プレゼンテーションにあたってライアットジャパンの齋藤ディレクターは2016年のシーズンを振り返った。なかでも注目すべき内容は公式配信の視聴者数。一昨年の2015年と比べて2016年の総視聴者数は3倍に、同様に2016年の最大同時視聴者数は2015年と比べて3倍から5倍という大きな伸びを見せており「いい試合を見せれば日本でもちゃんと視聴者が付き、成長していくという自信を深めさせてもらいました」と手応えを述べた。

このほか2017年のLJLの活動方針としては、視聴者の満足度の向上、日本チームの強化、LJLや選手の認知向上、という3点を挙げ、そのほかに視聴者にとっても大きな変化となる、全試合特設スタジオでの実施についても時間を割いて取材陣に説明を行った。

特設スタジオについて齋藤ディレクターは「この場で試合を行い、カメラで選手の表情を伝え、試合後もインタビューを行うことができます。選手は世界大会ではこういったスタジオでライトを浴びる形になりますが、いままで日本では決勝戦でしかできませんでした。それを全試合をやることで、選手が世界に出ても場馴れした形で試合できます。常に見られていることで選手のモチベーションも高まり、このスタジオからヒーローが生まれることも期待しています」とメリットをアピール。

こうした背景からも、前期までのLJLのように選手がオンラインで参加するのではなく、特設スタジオに直接集まって試合を行うことは、世界各地の最先端のリーグに、強さの面でもエンターテインメントとしての面でも追いつくための施策として、なくてはならないステップだと見ることができる。

そのほかにも各チームオーナー、またSANKOより引き継いで今期よりLJLを運営するRIZeST(ライゼスト)の代表古澤明仁氏から今シーズンにかける意気込みが語られたのでその発言を紹介していく。

 

7th・「7th heaven」チームオーナー 齋藤義明氏

7th heavenは常に上位に食い込むチームですが、残念ながらいままで一度も優勝の経験はありません。なので今年こそはぜひ初優勝をという意気込みで臨んでおります。昨シーズンでは、絶対王者と呼ばれたDetnatioN FocusMeに対し、ジャイアントキリングと呼ばれるような、絶対勝てないと言われていたマッチアップを覆し見事勝利を収めました。チームの特徴としてはそういった爆発力、視聴者が楽しめる、何が起こるかわからない試合展開がチームの強みだと考えております。きっと何かを起こしてくれるという期待感を皆様に与えられるようなチームとなっておりますので、ぜひご注目お願いします。

DFM・「DetnatioN FocusMe」チームオーナー 梅崎伸幸氏

DetnatioN FocusMeは2013年の4月からスタートした、Rampageの次に古いチームと言われています。DetnatioN FocusMeにはTOPのYutapon、MIDのCerosという日本のLoLを背負って立つ二大スターがいます。2016年は惜しくもRampageに負けたわけですけども、今シーズンはRampageから新たにPaz選手を新たにJUNGLEとして獲得しました。いままでDetnatioN FocusMeは韓国人選手2名、日本人選手3名という体制だったんですが、今シーズンは日本人選手4名、韓国人1名という、他のチームからすると異例なのかなというチーム構成となっております。日本人を中心としたコミュニケーションで、華麗なるチームワークを見せて集団戦で勝っていくスタイルを目指しています。DetnatioN FocusMeは過去絶対王者と呼ばれ、昨年はくしくも王者を奪われてしまったわけですが、今年こそまずLJLを優勝し、過去3回世界大会に出場した経験を活かしまして、世界大会の予選突破、本戦出場を目指していきたいと思います。とくに今回はTOPのYutapon選手がすごく調子が上がっているので、本日スーパープレイが見れるかもしれません。ぜひ楽しみにしてください。

RPG・「RAMPAGE」チームオーナー 中村洋樹氏

RAMPAGEは一番古いチームだと自負しております。2013年に初めて日本王者となり、それから不調の時期が長く続きました。2016年やっと日本の大会で優勝することができ、世界大会に出場することができたのはすごく幸せに思っております。ただこれから日本のチームが世界大会でどう活躍するかは我々の課題となります。いままでRAMPAGEは育成のチームと呼ばれたことがありました。韓国の最先端の技術、育成マニュアルなど、韓国のプロゲーミング学校の専門知識を活かしてきました。自分は海外在住の経験もありますので、日本でまだ他のチームが取り入れていない様々な知識をRAMPAGEに取り入れて、どんどんチームを強くしていきたいと思います。まだ自分の歳がオーナーのなかでは若い形ですが、経験面では誰にも負けないと思いますので、よろしくお願いいたします。

RJ・「Rascal Jester」チームオーナー 大川孝行氏

本日からLJLが始まるということで、私もいちファンとして大変楽しみにしています。Rascal Jesterも非常に古いチームで、LJL初期から参加をして一時はトップにいたチームではありますが、2016年は苦しいシーズンとなりまして、スプリングシーズンでは降格、その時点で(チーム運営を)続けるかどうかも迷いましたが、多くの方のご支援とご声援をいただきまして続ける選択をしました。夏のシーズンでは見事一部復帰をいたしました。その勢いで今期も邁進していきたいと考えてはいますが、現実的には少し厳しいシーズンになるのかなと思っております。理由としてはほとんどのスターターの選手が一部リーグ未経験であること。ですので序盤は非常にきついと考えておりますが、リーグは長いですので中盤終盤にかけて選手が成長するさまを皆様にお見せできたらと思います。ぜひご声援のほどよろしくお願いします。

SCARZ・「SCARZ」チームオーナー 友利洋一氏

SCARZという名前の由来ですが、人々の心に痕を残すぞ、という存在を目指して作られました。私たちはLJLの他のチームに比べて、もともとアマチュアです。9ヶ月間LJLという場を目指して這い上がってきました。そのなかには若くない選手もいるんですけど、練習量でカバーして、戦略、知識、テクニックはいままでなかったんですけど、数を重ねるごとによってどんどん成長してきたチームです。今年の目標なんですけど、去年は5位ということで残留戦になってしまったんですけど、今年はそれ以上に4位、3位、下克上で去年よりいい成績を残していこうというチームに育ってきました。今年の目玉としましてはMIDプレイヤーのSearch、彼はものすごくアグレッシブです。ゲーム内で何を起こすのかは見てる僕たちも想像できないので、彼のプレイにご注目くださればと思います。SCARZを今後もよろしくお願いします。

USG・「Unsold Stuff Gaming」チームオーナー 高橋大輔氏

Unsold Stuff Gamingはまだできて1年強と一番若いチームです。しかしながら去年LJLに参入しまして春が3位、夏が4位と中堅の順位を維持することができました。要因としましては経験の深いメンバーや、若いけども非常にトップクラスの実力のある日本人選手というところで、日本人を中心としたチームで結果を残してきました。いままでのLJLですと絶対王者のDetnatioN FocusMeや昨年優勝のRPG、この2チームが決勝で戦うという2強と言われていましたけれども、今年は韓国人選手2名を入れまして、この2名は助っ人ではなくしっかりとUnsold Stuff Gamingnの一員として、一丸となって戦うメンバーを集めることができました。必ず今年はこの2強体制を塗り替えるべく、もっとエキサイトしたLJLを見せられるようなチームになっていくべくがんばっていきたいと思います。ぜひ今期のUnsold Stuff Gamingにご期待をよろしくお願いいたします。

RIZEST_FURUSAWA・「RIZeST」代表 古澤明仁氏

SANKO主催時代からカウントすると今年でLJLは4年目に突入します。早かったような、もう4年目なのかというのを昨晩考えました。LJL2017年の最大の見どころは、ずばり全試合オフライン。ここ特設スタジオに選手のみなさんが集い、この場からたくさんの感動が生まれ、選手の顔が見える環境で生み出される様々な喜怒哀楽のエピソード、ストーリーにぜひ注目いただければと思います。スタッフ一同、大会運営、放送運営を通じて、ライアットさんとともに日本最高峰のeスポーツシーンを作っていきたいと全力で取り組んでいきます。ファンにはここから生まれる様々な感動のシーンをひとりでも多くの人にお届けしたいと考えております。

 

国内eスポーツの最前線のひとつに数えられるLJLが、今シーズン全試合特設スタジオでの開催という大きな変化を経て、2017年どのように注目を集めていくのか、今後も目が離せないところだ。

© 2017 Riot Games, Inc. All Rights Reserved.

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog