寝落ち寸前の疲れ果てた男を操作する『Yet Another Exhausting Day』など最近紹介した開発中のインディーゲームをまとめるWeekly Indie Pick

「Weekly Indie Pick」は、発売前のインディーゲームを紹介する「Indie Pick」で紹介されたタイトルをおさらいする企画。今回は2018年6月1日(金)から6月22日(金)に登場したインディーゲームをひとまとめにして見ていく。

今回注目したいのは『Yet Another Exhausting Day』。仕事によって極限まで疲れきっており、もしベッドに入れば一瞬で夢の中という状態の男を操作するユニークなゲームだ。詳細なゲームシステムなどは不明であるが、芋虫のような状態の男を操作し、妻を出迎えるための準備をするという作品になるようだ。新たなゲームプレイ映像も公開されているので、そちらもチェックしてほしい。

スポンサーリンク

 

The Spiral Scouts

『The Spiral Scouts』は、『Don’t Starve』や『ペーパーマリオ』シリーズにインスパイアされた、ポップでキュートなアドベンチャーゲームだ。謎の組織スパイラル・スカウトの新人の女の子Ramaeとなり、多種多様な領域へと封じられた組織の創始者たちを救い出すのが目的となる。ノンリニアな進行を謳う本作には、定められたルートはない。風の吹くまま気の向くままに旅をしよう。本作は、アダルトな3マッチパズルゲーム『HuniePop』の開発者と、彼の長年の友人が開発を手がけている(紹介記事)。

 

Yet Another Exhausting Day

中国・北京に拠点を置くインディースタジオSpotlightor Interactiveが、“這って進む3Dアクションゲーム”なる『Yet Another Exhausting Day』を現在開発中だ。同スタジオは、10秒間だけ灯をともすことができるロウソクが主人公の『Candleman(キャンドルちゃん)』の開発元で、同作で見せたユニークな要素が、「またまた疲労困ぱいの一日」と名付けられたこの作品にも取り入れられているようである(紹介記事)。

 

AKANE

ブラジルに拠点を置くインディースタジオLudic Studiosが、サイバーパンク・アクションゲーム『AKANE』を現在開発中だ。主人公は、野良犬同然の姿でとある道場の門を叩いた女の子Akane(朱音)。幼いながら何らかの大きな宿命を背負う彼女は、この道場を率いる石川を師と仰ぎ厳しい修行を積むことになる。それから数年の時が流れた2121年、一人前になったAkaneはひとりメガトーキョーへと向かう(紹介記事)。

 

Spyhack

『Spyhack』は潜入活動をテーマとしたスパイストラテジーゲームだ。ただしプレイヤーが操るのは施設へと潜入するエージェントではない。とある諜報機関のハッカーとなり、現場で活躍するエージェントをサポートするのが役割だ。現場ではなく、裏方から潜入を手助けすることになる。ハッカーたるプレイヤーは、ネットワークさえ繋がっていれば、電気ポットからマイクロ爆弾までありとあらゆる機器を制御することができる(紹介記事)。

 

Black Future ’88

『Black Future ’88』は横スクロールタイプのアクションシューティングゲームだ。1988年の夏。街に高くそびえる塔の建築者であるダンカンが所有する核兵器の攻撃により、太陽は活動を停止、世界は荒廃し暗黒に包まれた。人類は核により崩壊寸前まで追い込まれ、世界の進化は1988年で止まったままとなる。核の雨は依然としてタワーの最上部から降り注いでいる。プレイヤーは塔の最上階に向かい、狂気の所有者であるダンカンを阻止しなければならない(紹介記事)。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog