『オーバーウォッチ』ルシオボールを遊べるサマー・ゲーム開幕。ルシオやアナといったサポートヒーローの上方修正も

『オーバーウォッチ』夏の恒例イベント「サマー・ゲーム」が8月10日に開幕した。期間限定モードのルシオボールや、夏仕様・スポーツ仕様のスキンアイテムを目玉とした夏の祭典だ。対応プラットフォームはPC/PlayStation 4/Xbox Oneで、開催期間は日本時間8月31日までとなっている。

スポンサーリンク

ルシオボールは3対3で行うサッカー風のゲームモード。昨年までのリオとシドニー、そして新登場のBUSAN STADIUMの計3種類のアリーナを舞台に白熱したスポーツマッチに挑もう。通常のルシオボールとは別途、ライバル・プレイのようにスキル認定マッチ、スキル・レート、ランキングなどが存在するコパ・ルシオモードも遊べる。

限定トレジャーボックスには、ウェーブレーサー(D.Va)、ストレート(ゼニヤッタ)、カバーナ(アナ)といった新レジェンダリー・スキンを含む50以上の期間限定アイテムが入っている。ハイライト・イントロにはオリーサのゴールキーパー、モイラのサーブ、ファラのスラムダンク。エモートにはアナのビーチボール、メイの卓球、バスティオンのリフティングといったスポーツ・テーマのものが揃っている。昨年のサマー・ゲームのスキンアイテムも入手可能だ。

アナのカバーナスキン

また今回のアップデートにより、いくつかのヒーローの能力に調整が入っている(パッチノート)。サポートヒーローの上方修正が多く、アナのナノ・ブーストに300のHP回復効果追加(射程距離は30から40メートルに)。ルシオはクロスフェードの半径が10から12メートルに拡大し、サウンド・バリアによるシールド付与量が500から750に増加。モイラのバイオティック・グラスプはエネルギー自動補充効果が2/秒から2.4/秒に向上。一方、マーシーに関しては、カデュケウス・スタッフによる回復量が60/秒から50/秒に減少している。

そのほか、シンメトラのフォトン・プロジェクターの射程範囲が10から12メートルに拡大、ウィドウメイカーのグラップリングフックはクールダウンが8から10秒に伸び、ザリアのグラビトン・サージは効果半径が8から6メートルに縮まっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog