ニンテンドースイッチ向け2Dアクション『神巫女』の売上が15万本を突破、発売から半年経過も数字を伸ばし続ける

Circle Entertainmentは10月20日、『神巫女 -カミコ-』の全世界での売り上げが15万本を突破したとTwitterにて発表した。『神巫女 -カミコ-』は今年4月13日に発売されたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向け2Dアクションゲームだ。開発および国内向けの販売はフライハイワークスが担当している。

スポンサーリンク

『神巫女 -カミコ-』では、プレイヤーはそれぞれ「火」「水」「大地」の属性を持つ3人の巫女から1人を選び、ステージに設置されている鳥居の封印を解放、最奥部にひそむボスを倒すことを目指す。「和」をモチーフした世界観とキュートなドット絵、また簡単操作でさくっと遊べる難易度やボリュームが特徴となっている。

今年の7月には同作の売上が11万本を突破したことを報じたが、その後も数字を伸ばし続け、発売から約半年が経過した10月20日に15万本までセールスを伸ばしている。500円という価格設定はさることながら、売上を伸ばし続けた背景として、本作の評価に関連したクチコミが数字を後押ししていることは想像に難くない。

『神巫女 -カミコ-』を含めた、ニンテンドースイッチ向けインディータイトルの売り上げが好調であることも市場の傾向になりつつある。各パブリッシャーがリリースタイトルのセールスの好調を明かしており、さらには先日発売されたニンテンドースイッチ版の『The Flame in the Flood』のパブリッシャーは、同作の売り上げが早々に他プラットフォームを上回っており、予想を大きく数字を記録したことを報告していた。こうしたムーブメントには、『神巫女 -カミコ-』を中心に、意欲的に同ハードにインディーゲームをリリースし続けているフライハイワークスの動きも関与しているのかもしれない。

ちなみに『神巫女 -カミコ-』を手がけたカン氏やユウラボ氏らのチームは、現在スローライフRPG『Picontier(ピコンティア)』を開発中。こちらはSteam、ニンテンドー3DS、PlayStation 4、そしてニンテンドースイッチ向けのリリースが予定されている。こちらの続報にも期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog