『スーパーマリオ オデッセイ』海外レビューは「史上最高ペース」で推移、『時オカ』『GTAV』を上回るハイスコアを記録中

本日10月27日、任天堂は『スーパーマリオ オデッセイ』を世界主要国で同時発売した。『スーパーマリオ オデッセイ』はニンテンドースイッチ向けの3Dマリオシリーズ最新作。敵に乗り移る能力を持つおとも「キャッピー」とともに、現実の都市を模した街など全世界を駆け巡る旅が繰り広げられる。

スポンサーリンク

本作はE3 2017やGamescom 2017にてベストアワードを受賞するなど、前評判が非常に高いタイトルであったが、その評価は発売に際しても上がる一方だ。発売前には辛口レビューで知られるゲーム雑誌EDGE にて満点を獲得し、各海外メディアのレビューが解禁された本日も高得点を連発している。

たとえばGameSpotは「『スーパーマリオ オデッセイ』は、カラフルな世界と数々のチャレンジだけでなく、今まで感じたことのない気持ちよさやダイナミックなマリオの操作を通じて、偉業以上のものを成し遂げている」と満点をつけ、USgamerもまた「『スーパーマリオ オデッセイ』はこれまでの3Dマリオシリーズをリスペクトしつつも、キャプチャーシステムにより独自色をもたらすことに成功している」と称賛し満点をつける。GameInformerも「『スーパーマリオ オデッセイ』は間違いなく楽しいゲームであり、どの3Dマリオがベストなのかという議論を巻き起こすだろう」と満点に近い9.75点をつけている。

評価点としては、『スーパーマリオ64』から受け継がれる3Dアクション要素に加えて、カラフルなビジュアルと豊かなステージバリーエーション、膨大なやりこみ要素、そして敵の能力を乗っ取るというキャプチャーシステムがあげられている。批判点としてはモーションコントロールがあげられているが、こちらはオプション設定のオンオフやコントローラーの選択によりある程度制御できる。

特筆すべきは、その得点推移。レビュー集積型サイトgamerankingsのオールタイム・ベスト項目にて『スーパーマリオ オデッセイ』にすでに名を連ねている。10月27日時点での平均スコアは98.92%で、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』『グランド・セフト・オート V』、そして『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を引き離しての単独トップ。同じくレビュー集積型サイトのOpenCriticのスコアは98で、現在首位の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を上回るペースで高得点を記録している。ちなみにMetacriticのスコアは97。他のレビュー集積サイトより1点低い理由は、ややクセの強いレビューが特徴のクロアチアメディアPLAY! Zineがつけた75点という点数の影響を受けているからであるとされる。

このように、その値が90台後半となると、レビューの平均値はひとつのメディアの投稿により大きく下がることも特徴的であるので、このスコアが維持されるかはどうかは未知数だ。さらにメディアレビューはひとつの指標に過ぎず、ユーザーレビューが解禁されてからが本番と見る人もいるだろう。ただ、現時点で歴史に残るペースでスコアを記録し続けている『スーパーマリオ オデッセイ』からは、確かな力強さを感じさせる一面もある。熱烈な支持を得た『スーパーマリオギャラクシー』を超えた/超えていないという議論も盛り上がりつつある本作。その完成度は、実際にプレイして確かめてみてほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog