プラチナゲームズが手がけた「トランスフォーマー」作品など、Activisionの版権タイトルがSteamなどで一部販売終了か

Activisionが販売している一部ゲームタイトルが、Steamおよび海外のPlayStation Storeから姿を消していると、海外フォーラムResetEraにて報告されている。ストアからの削除が確認されているのは、『TRANSFORMERS: Devastation』『TRANSFORMERS: War for Cybertron』『TRANSFORMERS: Fall of Cybertron』『TRANSFORMERS: Rise of the Dark Spark』『The Legend of Korra』といった、いわゆる「版権モノ」のタイトルだ。いずれも日本向けには販売されていないが、中にはプラチナゲームズが手がけた話題作もある(『TRANSFORMERS: Rise of the Dark Spark』はPS4版が国内発売されたが、今年7月に販売終了している)。Activisionからは特に事前予告などはなく、突然のことだったようだ。

スポンサーリンク

Activisionは、「TRANSFORMERS(トランスフォーマー)」であればHasbro、「The Legend of Korra」ではNickelodeonといった版権元と提携した上でゲーム版を開発しており、こうしたタイトルを発売する上においては、契約の中で販売期間について定めていることが一般的だ。そのため、発売から一定期間を経て販売終了となるゲームはこれまでにも数多くあり、たとえば「X-Men」や「スパイダーマン」「Teenage Mutant Ninja Turtles」など同じく映画/アニメ作品をもとにしたゲーム、また有名な楽曲や車などを使用したゲームも含まれる。

継続して売れているタイトルであれば、特別な事情がない限り契約を更新して販売し続けることになるため、一旦販売終了したものが販売再開されることはあまりない。ただ、まったく前例がない訳ではなく、過去にはActivisionの『Deadpool』が販売再開されたことがある(先月、二度目の販売終了となった)。また、カプコンの『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』も同じくのちに販売再開された。ただし、これらはPS3/Xbox 360からPS4/Xbox Oneへとプラットフォームを移しており、少し特殊な例かもしれない。そのほか、版権モノに限らなければ販売終了になる理由はさまざまあるため、同じプラットフォームで販売再開したタイトルもある。

セガの『OutRun Online Arcade』はフェラーリとの契約満了により販売終了に。PS3版が突然販売終了した後、セガはメディアを通じてXbox 360版の販売終了時期を公表した

こうした販売終了に際しては、インターネット上の一部のゲームコミュニティからは「前もって言ってよ」という声が毎回のように寄せられる。ゲームに限らず、それまであまり興味がなかったものでも、無くなってしまうとなれば何故かほしくなるというもの。カプコンの『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』の場合は、販売終了について事前にアナウンスされ、同時に最終セールがおこなわれた。ゲーマーは購入する最後の機会を得て、メーカーは売り上げを伸ばす最後のチャンスを得ることになる。両者にとってメリットがあるため、ほかのパブリッシャーも倣ってほしいという意見があるのは理解できる。

なお、今回販売終了となったActivisionの各タイトルは、海外Xbox One/Xbox 360向けにはまだ販売が継続されており、ちょうどセールもおこなわれている。またHumble Storeでも一部タイトルの販売が続いている(Steamキーが入手可能)。ただし、こちらも遅かれ早かれ販売終了を迎えることになりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog