『The Elder Scrolls』や『Fallout』シリーズからは今後もシングルプレイ作品を送り出す。Todd Howard氏が一部プレイヤーの不安を払拭

「E3 2018」にてオンライン・マルチプレイRPG『Fallout 76』の詳細を発表して以来、スタジオの顔として数々のインタビューに応じ、作品のビジョンを伝えてまわっているBethesda Game StudiosTodd Howard氏。最近では業界功労者に送られる「Industry Legend Award」を受け取るため、スペイン・バルセロナで開催されたGamelab 2018に出席。ドイツのゲームメディアGameStarビデオインタビューにて、ベセスダ作品の今後の展望に言及した

この先『The Elder Scrolls』や『Fallout』シリーズ、『Starfield』といった作品でも『Fallout 76』のようなマルチプレイが採用されるのかどうか尋ねられたHoward氏は、「それらのタイトルはシングルプレイのままキープしたい」と回答。スタジオは今後もシングルプレイゲームに注力し続けることを、改めて強調した。「E3 2018」で『Starfield』『The Elder Scrolls VI』の2作品をアナウンスしたのは、オンライン・マルチプレイばかりではなく、シングルプレイのゲームもこれまでどおり作り続けるという意思表明でもあったとのこと。ただし、今後開発が進む中で何かしらのソーシャル機能が追加される可能性はあるという。

スポンサーリンク

※E3 2018で公開された、『Fallout 76』のマルチプレイ要素を紹介する映像

また同インタビューで『Fallout 76』におけるPlayStation 4/Xbox Oneのクロスプレイ対応について尋ねられたHoward氏は、「実現させたいという意欲はあるが、現時点では不可能だ。ソニーは私たちが望むほどには、協力的に動いてくれない」と述べている。『フォートナイト』『ロケットリーグ』などNintendo Switch/Xbox One間のクロスプレイ対応タイトルが増えつつある中、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は他コンソールとのクロスプレイに難色を示し続けている。『Fallout 76』においてもSIE側の方針は変わらないのだろう。

なお今回Howard氏とのインタビューが行われたGamelab 2018では、SIEワールドワイド・スタジオのチェアマンを務めるShawn Layden氏が、同社のクロスプレイに関する方針について「コミュニティに理解し受け入れてもらえることができ、同時に我々のビジネスに反することのない解決策を見出すことができると確信している」と、今後何かしらのアクションを取る可能性を示唆関連記事)。将来的にPlayStation 4Xbox One/Nintendo Switch間のクロスプレイが実現する可能性はゼロではないのだろう。

なおHoward氏はGamelabでのインタビューにて、同スタジオは同じ古いゲームエンジンを使い続けているという、コミュニティの一部から挙がっている声を否定している。例えば『Fallout 3』や『The Elder Scrolls IV: Oblivion』で採用されたGamebryoエンジンはもう10年以上使っていない。『Fallout 76』に関して言えば、レンダリングやライティング、地形生成技術が向上している。『Starfield』『The Elder Scrolls VI』では技術面でさらなる飛躍を遂げるとのことだ。

マルチプレイ作品として新しい『Fallout』体験を約束する『Fallout 76』。対応プラットフォームはPC/PlayStation 4/Xbox One、発売日は2018年11月14日を予定している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog