ぐにゃぐにゃ物理演算アクション『Human: Fall Flat』Nintendo Switch含めたコンソール版が、8月に最大8人のオンライン協力プレイに対応へ

イギリスのパブリッシャーCurve Digitalは本日7月4日、現在販売中のコンソール向け『Human: Fall Flat』を、現地時間8月28日に無料でオンラインマルチプレイに対応させることを発表した。『Human: Fall Flat』は国内外ではNintendo Switch版を、海外ではPlayStation 4版とXbox One版を販売している。PC版は昨年10月にオンラインマルチプレイに対応していたが、はれてコンソール版も8人までのオンラインマルチプレイに対応する。

スポンサーリンク

『Human: Fall Flat』は、3Dアクションアドベンチャーゲームだ。ぐにゃぐにゃとした粘土のようなキャラクターを操作し、うまく道を進んでいきステージのクリアを目指す。ステージ上のさまざまなオブジェクトをつかみ、動かしたりぶら下がったりできる。本作には、プレイヤーを含め強烈な物理演算が導入されており、つかんだものが予測不能な動きを見せるなど、思わぬ事故が多発する。数々のギミックが用意されているが、解法は複数用意されており、ゴリ押しするのも知恵を絞るのも運試しを狙うのもプレイヤー次第。自由度の高さとハプニングが楽しい作品だ。

特にマルチプレイとの相性はよく、友人と妨害もしくは協力しあいながらステージを進む楽しさは、協力プレイタイトルの中でも屈指。ゲーム中はそれほどシビアな要素はなく、死んでしまっても直近の場所に戻されるのみ。いい意味で“ゆるい”タイトルであるということもあり、邪魔しあったりお互いミスをして死んでしまってもフラストレーションが比較的たまりづらく、和やかな雰囲気で楽しめる作品でもある。

もともとの作品の評価も高かったが、PC版がオンラインマルチプレイに対応したことにより、爆発的に人気が上昇。2017年末からは怒涛の勢いを見せており、先日には全世界累計で400万本を売り上げたことが明かされていた(関連記事)。日本ではテヨンジャパンからNintendo Switch版が発売されており、「よゐこのインディーでお宝探し生活」で特集されて以来、番組内で付けられた「ふにゃべえ」というニックネームでもユーザーに親しまれている。海外版と同じタイミングでアップデートされるかは不明であるが、おそらく国内向けにもオンラインマルチプレイが実装されるだろう。もとよりニンテンドーeショップでもしばしばランキング上位に顔を出すヒットタイトルであったが、オンラインマルチプレイに対応すれば、PC版と同様にさらに飛躍するであろうことが予想される。

2016年にPCにてリリース(早期アクセス)されながら、2年後の2018年におけるもっとも人気のあるインディータイトルのひとつとなっている『Human: Fall Flat』。国内でもオンラインマルチプレイが実装された際には、ぐにゃぐにゃのボブとなり、友人と奇妙な冒険に出かけてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog