『キングダムハーツ2』の「ロクサス」をレベル99まで上げきった男現る。494時間かけてトワイライトタウンを孤独に徘徊

Image Credit : Aaroneous

『キングダムハーツII』の操作キャラクターのひとりであるロクサスをレベル99まで上げきった猛者が現れた。所要時間は494時間。この記録を達成したのは、初代『キングダムハーツ』の最初の島であるデスティニーアイランドでレベルを99まで上げた逸話を持つAaroneous氏だ。210時間をかけて嘆きながらも、ティーダとの模擬戦を繰り返し、偉業を達成した(関連記事)。達成当初から視聴者から「次は『キングダムハーツII』でロクサスをレベル99にしてくれ」とリクエストがあがっていた。これにはAaroneous氏も「流石にしばらく休ませてくれ」と返答していたが、何にも代えがたい達成感を覚えたのか、すぐさま『キングダムハーツII』の序盤レベル99チャレンジをスタートさせた。しかし、この道のりは初代を上回る過酷さだったようだ。

Image Credit : Aaroneous

必要経験値は287万5000

『キングダムハーツII』は2005年にPlayStation 2向けに発売された『キングダムハーツ』シリーズの続編。Aaroneous氏はPS4向けに発売された『キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス』にてリマスターされた第二作目をプレイしている。『キングダムハーツII』では、最序盤は前作とはうって変わりソラではなくロクサスを操作することになる。プレイヤーは残り少ない夏休みを仲間と過ごす少年ロクサスとなり、身の回りに起こるおかしな現象の原因を確かめるうちに、自分自身が何者かであるかを知っていく。ロクサスとトワイライトタウンの物語は、のちの展開につながっていく導入パートである。この導入部分でレベル99、つまり最強になってしまおうというのが今回のチャレンジの狙いだ。

スポンサーリンク

レベルを上げるための経験値稼ぎの標的は、街中に湧くノーバディだ。本作においては、前作の「ティーダとの模擬戦」のような固定の稼ぎポイントはなく、街中/周辺に湧くノーバディの湧きポイントをめぐり、ただひたすら敵を倒していく。特にテクニックは求められず、パリィをおこなう必要もない。スライドダッシュで後ろに回り込めば幾分か速く倒せるが、経験値が増えるわけではない。トワイライトタウンの決まったルートを移動し、ボタン連打をして敵を倒すさまは、まさにGrindである。

プレイの多くの時間が移動を占めることもあり、プレイ時間は前作のレベル99クリアに比べて激増。最終的に494時間を要した。ほとんどの敵の経験値が12もしくは13に設定されている。そして、レベル1からレベル99までに要する経験値は約287万5000。単純に計算するだけに約22万体以上のノーバディを狩らなければならない。ちなみに氏はレベル98からレベル99にするまでには、は約11時間を要している。Aaroneous氏は、経験値テーブルと自分の稼ぎペースからスケジュールを設定し、ルーチンワークとしてレベル上げ作業を毎日こなし続けた。それゆえに、今回のレベル99も予定日どおりの達成だった。もはやゲームプレイというよりは、仕事や修行に近い形態で『キングダムハーツII』を遊んでいたわけだ。

 

孤独な街での徘徊、孤独でない道のり

トワイライトタウンが舞台であったこともあり、今回の挑戦はどことなく情緒を感じさせるものだった。経験値を稼ぐのに適した進行段階では、トワイライトタウンにはNPCが現れない。ロクサスが孤独にトワイライトタウンを徘徊して、ノーバディを狩り続けた。前回は固定地点でティーダと戦い続けたが、今回はひたすら移動し続けるという点で、旅ともいえるものだ。ロクサスのキャラ設定やシナリオ展開を知っていれば、どことなく切なさを感じさせる一人旅に見えるかもしれない。ただ孤独に、ひたすら敵を倒し続ける挑戦だった。

ただし、Aaroneous氏自身は孤独ではなかった。その修業はTwitchにて配信されており、ユーザーと会話をかわしながら、そして感謝を述べながら毎日レベル上げに励んでいた。またデスティニーアイランドでの修行で鍛えられたのか、険しいプレイながら弱音をあまり吐かず、終始落ち着きをもってプレイ。時に歌をうたい、時に奥さんや子供と仲睦まじくコミュニケーションをとりながら挑戦は続けられた。そして現地時間7月14日、ついにレベル99になる時が訪れた。Aaroneous氏は落ち着きを見せており、大きな声で喜ばず、ただ静かに涙を見せながら5分をかけて達成感に浸った。言葉は少ないが、その評定が達成感と苦労を物語っているだろう。実は氏は、その過酷さから今回の挑戦を途中で真剣にやめることを何度も真剣に検討したという。しかし、視聴者や家族に支えられてレベル99まで到達できたと深く感謝の意を述べている。

前回の『キングダムハーツ』デスティニーアイランドのレベル99到達に関しては、国内でも動画投稿者であるハクサイ氏が同様の快挙を成し遂げていた。しかしロクサスでレベル99にしようという試みを成功させたプレイヤーは、それよりさらに少ないようだ。インターネットではいざないの園やトワイライトタウンでレベル99を目指すと宣言し始めたものの、その後行方不明になるユーザーが後を絶たない。それほど、過酷な道のりなのだろう。Aaroneous氏がリタイアを検討するのは無理もない。

*ハクサイ氏による『キングダムハーツ』でのレベル99達成。氏はティーダではなくワッカを相手に経験値を稼ぎ続けた。

ふたつの偉業を成し遂げた氏は、強くなったレベル99のソラで『キングダムハーツ』『キングダムハーツII』の“本編”を堪能している。『キングダムハーツ』シリーズには多岐にわたる関連作品が存在するが、ひとまずこの挑戦には終止符が打たれるとのこと。単なるゲーム内のレベル上げであるが、人間が限界と戦う姿を垣間見ることができ、どこか勇気をもらえるものだったAaroneous氏のレベル99チャレンジ。来年1月に発売される最新作『キングダムハーツIII』でも、氏が苦悶しながらもレベル上げをしている姿が、いつか見れるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog