音楽ゲーム『グルーヴコースター』Steam版が配信開始。コントローラーでもキーボードでもプレイ可能、早期購入者にDLC楽曲プレゼント

タイトーは本日7月17日、『GROOVE COASTER for STEAM(グルーヴコースターSTEAM版)』を、株式会社DEGICAと協力してSteamにて発売した。価格は1980円(税込)。なお、7月24日午前9時までに本作を購入すれば、8月22日から200円で配信予定となっているDLC楽曲「Bad Apple!! feat.nomico / Masayoshi Minoshima」が早期購入特典としてプレゼントされ、すぐに遊ぶことができる。

スポンサーリンク

本作は、スマートフォンやアーケード向けに展開されている、「カンタン×ノリノリ×テンションMAX!」をコンセプトにした人気ミュージックゲーム『グルーヴコースター』シリーズの最新作だ。360度視点が変わるジェットコースターのように画面上のレールを走り、楽曲のリズムとレール上に現れるターゲットに合わせて指定の入力をおこなう簡単操作が特徴。ターゲットには、シンプルな1ヒットや指定方向へのスライド、ホールドや連打などさまざまな種類がある。カジュアルモードではこれを片手でプレイでき、アーケードモードでは両手での操作が必要なターゲットも登場する。

Steam版では、アーケード版でのブースターを利用した操作をコントローラーおよびキーボードに置き換えてプレイする形となっており、コントローラーはSteamコントローラおよび、PS4のDUALSHOCK 4、Xbox OneコントローラーなどのX-Input、Direct Inputのコントローラーに対応。キーボードの場合は、「WASD」と「OKL+」の8つのキー入力でのプレイとなる。右手の操作はテンキーの「8456」でもおこなえる。なお、一部プレイヤーからコントローラーが正しく動作しないという報告が上がっているようで、DEGICAはSteamのコントローラー設定を確認するよう求めている。詳しくはSteamの該当ページを確認いただきたい。

ゲーム画面は16:9、4:3、1:1の3つの画面比率から選択可能。ピボット機能のあるモニタであれば、縦長画面にゲーム画面をフルに表示させてプレイできる。縦画面プレイの設定方法も、上のコントローラー設定の詳細と合わせて説明されている。

本作には、人気アーティストの書き下ろし楽曲が36曲収録されている。それぞれ難易度を変更してプレイできるほか、ノンストップミックス機能を使えば、最大10曲まで好きな曲を選んで連続プレイすることが可能だ。また、8月1日からはDLC楽曲の配信が開始され、毎月4曲(1週間ごとに1曲)追加される。価格は1曲200円(税込)の予定となっている。

なお、今回のSteam版の配信を記念して、アーケード版にてオンライン対戦イベントが実施されている。期間は7月29日まで。課題曲や報酬などイベントの詳細は公式サイトを確認いただきたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog