『アサシン クリード』の次回作の舞台が日本になるとの考察が再燃。ヒントは『アサシン クリード III』のオープニングの“鳥居”から

Ubisoftは2018年10月5日にシリーズ最新作『アサシン クリード オデッセイ』の発売を予定しているが、すでに次回作の舞台に関する議論が、海外コミュニティの間で盛り上がっている。その中のひとつとして、『アサシン クリード』の次回作の舞台が日本になるのではないかという説が有力になりつつあることをGame Rantが報じている。

スポンサーリンク

発端となったのはRedditユーザーDoktahManhattan氏の指摘だ。氏が注目したのは『アサシン クリード III』のオープニング。同作のイントロダクションとして流れるシネマティックムービーの、とあるシーンにて3つのシンボルが映し出されるシーンが存在する。左に表示されているシンボルは、古代エジプトの象徴でもある「ホルスの目」。古代エジプトを舞台とした『アサシン クリード オリジンズ』を指し示している。真ん中に映っているのはギリシャ文字のオメガに似たシンボル。こちらは、古代ギリシャが舞台の最新作『アサシン クリード オデッセイ』を表しているという発想だ。

そして一番右に映っているのは、日本の「鳥居」のシンボルではないかと指摘されている。日本の神社を彷彿とさせる鳥居は「Torii」として、一部の外国人にも認識されている。このToriiが「次回作は日本が舞台になるのではないか」という説を後押ししているというわけだ。これまではこの3つのシンボルは意味をなさなかったが、『アサシン クリード オリジンズ』『アサシン クリード オデッセイ』が発表された今、鳥居のマークに新たな解釈がもたらされた。

*該当シーンは2分28秒

『アサシン クリード』シリーズの舞台が日本になるのではないかという噂は、これまで数多く流れてきた。ゲームの世界に日本が存在することは判明しているほか、『アサシン クリード ブラザーフッド』『アサシン クリード リベレーション』に登場する被検体16号にまつわる描写にて、与那国島や富士山といった日本に関する要素が散りばめられている。最近では昨年11月、Ubisoft Montrealに所属するコンセプトアーティストであるJohn Bigorgne氏がアジアを思わせるイメージイラストを投稿したことで、次の作品の舞台が「中国もしくは日本になるのではないか」という推測が生まれた(関連記事)。結局最新作の舞台はギリシャであったが、日本で展開される『アサシン クリード』新作に対する期待が高まっている側面もある。

ただし、『アサシン クリード オリジンズ』『アサシン クリード オデッセイ』は古代シリーズ三部作として展開されているという噂が存在しており、次なるゲームの舞台はローマになるのではないかという説も根強い(Kotaku)。ただし、『アサシン クリード ブラザーフッド』にてローマを舞台として物語が展開されている以上、まだスピンオフ作品にも登場していない日本にはチャンスがありそうにも思える。

『アサシン クリード ブラザーフッド』

『アサシン クリード III』が発売されたのは2012年であり、当初から舞台設定の構想が変更されている可能性も考えられる。ただし、ナンバリングタイトルのオープニングという形式で、これまでよりも具体的なヒントが与えられている意味は大きい。期待が高まる一方であるが、今はひとまず最新作である『アサシン クリード オデッセイ』を楽しみ、日本を舞台にアサシンたちが戦う物語を夢見ておくのがいいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog