剣戟格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』PS4向けに発表、2019年発売へ。10年ぶりのシリーズ新作は、UE4での3Dグラフィックを採用

SNKは9月10日、剣戟格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』を発表した。2019年に発売する。本作は、同社の『サムライスピリッツ』シリーズの完全新作タイトルだ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが本日開催したライブショーイベント「PlayStation LineUp Tour」の中で初披露されており、現時点ではPlayStation 4向けの発売が決定している。

スポンサーリンク

本作では、老中に就いた松平定信が寛政の改革をおこなった天明7年が舞台となる。飢饉や大火、打ちこわしによる混乱で、悪気・邪気とも言える暗雲が日本全土を覆おうとしている中、『サムライスピリッツ』シリーズのキャラクターたちがふたたび剣を交える。映像では、覇王丸・柳生十兵衛・ナコルル・アースクェイク・ガルフォードといった、シリーズ第1作目から親しまれているキャラクターらが登場。覇王丸の旋風裂斬や弧月斬、ガルフォードのストライクヘッズなどのおなじみの技も確認できる。

本作はUnreal Engine 4にて開発されている。シリーズとしては、2008年にアーケードで稼働した『サムライスピリッツ閃』以来10年ぶりの新作となるが、引き続き3Dグラフィックを採用する形。ただ、今回は軸移動の無い2.5Dスタイルとなるようだ。ステージには、富士山を臨む海岸や、紅葉が映える森や竹林が登場。キャラクターも含めすべて3Dグラフィックとなり、鮮やかな色使いが目を引く。また、どこか日本画風の雰囲気が感じられ、斬撃の軌跡も墨を筆で走らせたような演出が見られる。本作ではどのようなゲームシステムとなるのか、またほかにどのようなキャラクターが登場するのか。詳細は今後明らかにされるとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog