PS4/Vita向け『キャサリン・フルボディ』2019年2月14日発売へ。“四角関係”の結末は、バレンタインデーより明かされる

アトラスは9月11日、『キャサリン・フルボディ』を2019年2月14日に発売すると発表した。対応プラットフォームは既報どおり、PlayStation 4およびPlayStation Vitaで、前作同様にCEROレーティングCタイトルとして発売される。

スポンサーリンク

『キャサリン』は、2011年にPlayStation 3およびXbox 360向けに発売された、アクションパズル・アドベンチャーゲームだ。優柔不断な主人公ヴィンセントは、キャサリン(Katharine)という旧知の恋人がいながら、行きつけのバーで知り合った恋人と同名の金髪美女(Catherine)と関係を結んでしまう。プレイヤーは主人公ヴィンセントとして、現実世界で繰り広げられる恋愛アドベンチャーパートと、高難度な悪夢のアクションパズルパートをこなしながら、三角関係の行方を追うことになる。

“フルボディ”となる本作では、2人のキャサリンに加えて、第3のキャサリンことリン(CV:平野綾)が追加される。リンは、ピンクのショートカットが特徴の、主人公ヴィンセントが通うバーストレイ・シープのピアノ弾き。ただし、服の下には何やら秘密がある模様。そんな新キャラクターリンを中心としたエピソードが展開されるほか、既存の2人のキャサリンのそれぞれのストーリーにも新規EDが追加される。さらに、新規アニメムービーに加え、大胆なセクシーイベントも多数追加されるようだ。

なおオリジナルの『キャサリン』では、そのパズルゲームの難易度の高さから、発売後にゲームシステムの調整がおこなわれていた。『キャサリン・フルボディ』を発売するにあたり、「誰にでも最後まで楽しめる」ようにプレイアビリティ向上に関わる機能をさらに充実させるという。さらには新規プレイヤーやパズルゲームが苦手な人に向けた新機能を導入するほか、かつての難易度のパズルを変わらず体験できるオリジナルモード、そしてオリジナル版を遊び尽くした上級者向けの新モードが実装されるとのこと。初心者・中級者・上級者のすべてのユーザーが遊べるようにチューニングされているだろう。

なおアトラスは、『キャサリン・フルボディ』を東京ゲームショウ 2018に出展することも発表している。それに先駆けて、9月15日に4時間にわたるニコ生特番を放映予定。こちらの番組では、最新PVやゲームプレイ映像の公開、限定版をはじめとした特典情報など、さまざまな情報の公開が予定されている。バレンタインの発売が決まった本作の最新情報をチェックするために、こちらの番組を視聴してみるといいかもしれない。

『キャサリン・フルボディ』は、PS4/PS Vita向けに“バレンタインデー”である2019年2月14日に発売予定だ。

 

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog