『バトルフィールド 1』約5000円相当のPremium PassがPC/PS4/Xbox Oneにて期間限定で無料配布中。すべての拡張パックを入手可能

Electronic Artsは9月11日、『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』のPremium Passについて、PC(Origin)/PlayStation 4/Xbox Oneの各プラットフォームにて無料配布を開始した。配布期間は9月18日まで(PS4版は、PS Plus加入者が対象)。

『バトルフィールド 1』は、第一次世界大戦を舞台にしたFPSだ。2016年のローンチ以降、合わせて4つの拡張パックがリリースされている。Premium Passはいわゆるシーズンパスのことで、これらの拡張パックすべてをお得に一括購入でき、さらに特典としてシューペリアバトルパック(ルートボックス)14個や、スペシャルドッグタグ14個などがプレゼントされる。通常は、PC/Xbox One版は5184円、PS4版は5400円で販売されているが、今回1週間限定で無料で入手できる。なお、プレイするにはゲーム本編を所有している必要がある。

スポンサーリンク

拡張パック第1弾「They Shall Not Pass」ではフランス共和国軍が参戦し、第一次世界大戦の西部戦線を再現した4つのマルチプレイマップが収録。ゲームモードにフロントラインが追加された。拡張パック第2弾「In the Name of the Tsar」では、ロシア軍の参戦と共に、6つの冬マップと新ゲームモード・サプライドロップが追加。拡張パック第3弾「Turning Tides」ではイギリス海兵隊が登場し、海と陸にまたがる4つのマップが追加され、ゲームモードにはコントロールポイントが導入された。そして拡張パック第4弾「Apocalypse」では、第一次世界大戦のもっとも壮絶な戦いをテーマにする5つのマップを追加。新ゲームモードはエア・アサルトで、追加マップの内2つは空戦専用である。また、それぞれの拡張パックではこのほかに、新たな武器や戦車、航空機、エリート兵科なども追加された。

今年はシリーズ最新作である『Battlefield V(バトルフィールド V)』の発売を11月20日に控えており、昨日9月11日に1週間にわたるオープンベータテストを終えたところである。前作である『バトルフィールド 1』では、ゲーム内報酬として、『バトルフィールド V』にて自らの中隊のビジュアルをカスタマイズできる限定アイテムを入手可能だ。拡張パックを購入していなかったというプレイヤーの方は、この機会に触れてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog