探索型2Dアクション『Hollow Knight』PS4/Xbox One版発表。追加コンテンツをすべて収録し、国内PS4版は9月26日に発売へ

オーストラリアのインディースタジオTeam Cherryは9月11日、探索型2Dアクションゲーム『Hollow Knight(ホロウナイト)』のPlayStation 4/Xbox One版である『Hollow Knight: Voidheart Edition』を発表した。日本では現在のところPS4版の発売が決定しており、9月26日に発売する。ダウンロード専用で、価格は1480円(税込)。なおゲーム内は、PS4版・Xbox One版ともに日本語に対応することが発表されている。

スポンサーリンク

『Hollow Knight』は、崩壊した地下王国ハロウネストの広大な世界を探索する、メトロイドヴァニアスタイルの2Dアクション・アドベンチャーゲームだ。ハロウネストには、イラスト調で描かれる可愛いムシのキャラクターたちが暮らしており、主人公を助けてくれるムシもいれば、敵となるムシも150種類以上いる。主人公は剣のような釘を武器に、そうした敵や、40体以上いるボスを相手に戦う。また探索を進める中では、ダッシュや壁ジャンプなどの移動スキルを入手し、さらに探索範囲を広げていく。そうして、かつての王国の中枢に隠された太古の秘密を解き明かすのだ。

本作には、これまでに4つの大型追加コンテンツが無料アップデートによって提供されており、今回発表された『Hollow Knight: Voidheart Edition』にも、もちろんすべて収録される。第1弾の「Hidden Dreams(隠された夢)」では、2種類のボスを含む敵キャラクターや、ファストトラベル機能などが追加。第2弾の「The Grimm Troupe(グリム巡業団)」にはボスのほかに、新規NPCやPerkアイテムであるチャームが多数収録された。

第3弾の「Lifeblood(生命の血)」では、ボスや新たな地図ツールを追加し、さらに広範なバランス調整を実施。そして本作の最終章として配信された第4弾「Godmaster(神を求む者)」では、ボスラッシュモードなどが追加された。また、これらのアップデートにより、ハロウネストの世界の拡張もおこなわれている。

『Hollow Knight』は、PC版が2017年に発売され、今年6月にはNintendo Switch版がリリースされた。可愛いくも奇妙なムシのキャラクターたちや、神秘的な美しいグラフィック、そして歯ごたえのあるゲームプレイなどが高く評価され、今年7月時点で累計125万本を売り上げる大きなヒットとなった(Kotaku)。今回発表された『Hollow Knight: Voidheart Edition』は、本作の完全版と言える内容となっており、さらにファンを増やすこととなりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog