ウィンタースポーツ・バトルロイヤル『Ring of Elysium』、基本プレイ無料タイトルとして9月20日にSteam早期アクセス配信開始へ

Tencent Gamesは9月11日、基本プレイ無料の一人称視点/三人称視点バトルロイヤルゲーム『Ring of Elysium』(旧名:Europa)のSteam早期アクセス配信を日本時間9月20日より開始することを発表した(日本語は非対応)。

『Europa』として2017年に発表された当初は、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のフォーマットに沿いつつ環境破壊要素を加えた作品として宣伝されていたが、現在はウィンタースポーツやロッククライミングを楽しめる冬模様のマップで戦うという、明確な差別化を図った作風へと生まれ変わっている。Tencent傘下のEpic Gamesが運営している『フォートナイト』や、同じくTencentが中国での運営権を握っている『PUBG』との棲み分けが図れることだろう。

スポンサーリンク

本作のプレイヤーは、近年稀に見る寒波の影響で観光地から出られなくなったツアーリストのひとりとして、最後の救助ヘリコプターに乗り込むため死闘を繰り広げる。ウィンタースポーツが盛んな町であり、スノーボード、スノーモービル、ハンググライダー、ロープウェイ、ジップラインなど移動手段が豊富。周期的に雪山を襲う吹雪に飲み込まれないよう移動しつつ、他の遭難者の命を奪い、救助ヘリまでたどり着け。

上のトレイラーを確認する限り、ヘリコプターが救助ポイントにたどり着くと砂埃がたち、リング状のスモークがたかれているような状態になるようだ。これは最近だと『Fear The Wolves』というバトルロイヤルゲームでも採用されている仕組みであり(関連記事)、本作のマッチ終盤では、このスモークをうまくカバーがわりに使いながらヘリコプターの席を奪い合うという展開になることが予想される。

バトルロイヤルモードにウィンタースポーツを持ち込む『Ring of Elysium』のSteam早期アクセス配信は9月20日開始予定。Steamストアページはこちら

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog