PS4/Vita『キャサリン・フルボディ』はDLCもフルボディ。キャラの寝間姿を見られるセクシーアイテムが登場、キャサリンの声を変更可

アトラスは9月15日、『キャサリン・フルボディ』のPV第二弾を公開した。「運命の人」についての意見を街の人に募りつつ、パワーアップしたゲーム内容をおさらい。ゲームの魅力をあらためて伝えるものとなっている。あわせて、追加コンテンツを含む製品情報についても明かされた。

スポンサーリンク

『キャサリン・フルボディ』では、DLCにも力が入れられている。現在発表されているDLCは2種類で、「Catherine “理想の声” 全ボイスセット」と「スペシャルコンテンツ“Nero glass(ネロメガネ)“」。「Catherine “理想の声” 全ボイスセット」は、浮気相手であるCatherineは、沢城みゆき氏による艶やかな声が特徴的であるが、このボイスを変更できるというもの。たとえば、先日結婚が発表された能登麻美子氏による“ヤンデレ淑女”風のCatherineボイスに変更可。小清水亜美氏などのボイスも収録されるといい、オリジナルのものを含めた11種類のボイスが楽しめる。通常は2種類選択できる。

「スペシャルコンテンツ“Nero glass(ネロメガネ)”」は、ゲーム内アイテムだ。主人公であるヴィンセントが装着すると、イベントシーンとバーでの時間に登場するキャラクターすべてがセクシーな寝間着姿に見えるようになる不思議なメガネ(一部のシーンを除く)であるという。キャラクターの意外な寝間着姿を見られるスペシャルアイテムになるようだ。「フルボディ」となった今作では、セクシーな要素も強化されているようだが、「ネロメガネ」はある意味それを象徴するアイテムのひとつになるだろう。

これらのコンテンツを含んだ初回限定生産版である「キャサリン・フルボディダイナマイト・フルボディBOX」が発売される。ゲーム本編と前述のふたつのDLCに加えて、前作のサウンドと新たに収録されるサウンドを含めた4枚組サウンドトラックセット、設定資料集であるキャサリン・フルボディアートブックを同梱。価格は税別1万3980円となる。なお、DLCは後日有償で配信されるという。

そのほか、先着購入特典として「ペルソナ5 プレイアブルキャラ”ジョーカー“&怪盗団スペシャル実況セット」が用意される。アクションパズルを楽しむモード、BabelとColosseumにて、『ペルソナ5』の主人公であるジョーカーが操作キャラクターとして使用可能になるコンテンツだ。ジョーカー操作時は怪盗団メンバーによるゲームプレイ実況もされるとのこと。

『キャサリン』は、2011年にPlayStation 3およびXbox 360向けに発売されたアクションパズル・アドベンチャーゲーム。主人公であるヴィンセントは、キャサリン(Katharine)という旧知の恋人がいながら、行きつけのバーで知り合った恋人と同名の金髪美女(Catherine)と関係を持ってしまう。三角関係が始まってからというもの、悪夢のうなされるようになってしまった。現実世界で繰り広げられる恋愛アドベンチャーパートと、高難度な悪夢のアクションパズルパートをこなしながら、三角関係の行方を追うことになる。『キャサリン・フルボディ』は同作をパワーアップさせ、PlayStation 4/PlayStation Vitaに発売するというもの。今作では、第3のキャサリンことリン(CV:平野綾)が追加される。ヴィンセントを優しく癒やしてくれるピンク髪の天使のキャサリンが加わり、泥沼の四角関係が描かれる。

アクションパズル部分にも手が加えられており、ストーリーを楽しみたいユーザー向けに、罠が発動せず、時間制限およびゲームオーバーがないSafetyモードが用意される。さらには、ワンボタンで登頂するオートプレイや、ゲームオーバーになった場所に戻れるリトライアシスト、死んでもその直前の1手前に戻れる自動UNDOが実装されており、遊びやすさも向上。オンラインマルチプレイも実装され、腕の自身がある人々が競い合うこともできる。シナリオ・システムともにパワーアップしたのが、『キャサリン・フルボディ』である。

『キャサリン・フルボディ』は、PlayStation 4/PlayStation Vita向けに、2019年2月14日に発売予定。通常版の価格は、パッケージ・ダウンロードともに税別7980円だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog