巨大ビー玉転がしアクション『Marble It Up!』Nintendo Switch向けに国内発売へ。知られざる傑作『Marble Blast Ultra』開発者が手がける

アメリカに拠点を置くインディースタジオMarble It Up LLCは9月30日、ビー玉転がしアクションゲーム『Marble It Up!』をNintendo Switch向けに配信した。現在は北米のみで販売されているが、弊誌が同スタジオにうかがったところ、日本での配信も計画しており、現在CEROレーティングの取得手続き中であるとのこと。

スポンサーリンク

『Marble It Up!』は、Marble(ビー玉)を転がしてステージのゴールを目指すという、かつてAtariが制作した『Marble Madness』の影響を受ける作品だ。日本だと、セガの『スーパーモンキーボール』風と言った方が分かりやすいかもしれない。プレイヤーは自機である巨大ビー玉を自由な方向に転がすことができ、またジャンプも可能。物理エンジンによって重量感のある球体ならではのリアルな挙動を示すため、単にキャラクターを動かしているのとは違う、独特の操作感となっている。なおステージをクリアしたり、ステージ内に隠されたアイテムを発見することで、ビー玉の新たなスキンがアンロックされていく。

空に浮かぶステージは計40種類。障害物のある坂で加速し猛スピードで下っていくようなものもあれば、階段や動く足場などを使って上へ上へと登っていくもの、あるいは複雑に入り組んだ構成の中、配置された宝石をすべて回収してからでないとゴールできないものなどバリエーション豊富。ツルツル滑る氷に覆われていたり、重力とは無関係に吸い付くようにして進める特殊な地面が配置されているステージもある。スピードを出しすぎてうっかりステージから落下してしまうと最初から、あるいはチェックポイントからやり直しだ。

ステージ内にはパワーアップアイテムが配置されていることもあり、獲得すると任意のタイミングで発動できる。一定時間ダッシュできるものや、ジャンプしたあと滑空できるもの、あるいは通常よりもはるかに高くジャンプできるものなどがあり、たとえば氷のスロープはダッシュしないと上れないなど、これらのアイテムを上手く駆使しないと攻略できないステージが存在する。そのほか、クリアタイムの計測スピードを一定時間遅くするアイテムもある。本作では、慎重な操作を求められるなか、いかにクリアタイムを縮めるかというのも楽しみのひとつ。オンラインランキングからはほかのプレイヤーのリプレイを再生でき、想像もつかなかった意外なルートを走破する超絶プレイが見られることだろう。自分のベストタイムのゴーストとレースすることも可能だ。

こうしたゲームプレイやゲーム画面を見てお気付きの方もいるかもしれないが、実は本作は、2000年代にPC向けにリリースされた『Marble Blast Gold』や、Xbox 360向けに配信された『Marble Blast Ultra』の精神的続編である。『Marble Blast』シリーズは一部で高い人気を獲得し、『Marble Blast Ultra』は80万本近い売り上げを達成した。しかし、開発元GarageGamesが買収されたことにより全作配信終了となってしまう。この買収劇では、『Marble Blast』シリーズの心臓部である独自エンジンTorque Game Engineの権利は対象となりながら、ゲームの権利は除外されていたのだ。

そうした事情もあり、これまで新作が登場することはなかったが、『Marble Blast Ultra』のDLCステージと同じ名を持つ本作『Marble It Up!』が今年突然発表される。その開発にはGarageGamesの元スタッフが携わっており、まさにパワーアップして帰ってきた『Marble Blast』といったゲーム内容からファンの歓喜を呼んだ。

本作の今後については、まず冒頭で述べたように日本を含む北米以外の地域でのリリースを予定しており、さらにNintendo Switch以外のプラットフォームでの発売も計画している。PC/Mac/Xbox One版はすでに開発が進んでおり、PS4版はソニーから開発の承認を受けたばかりとのこと。また、現時点ではシングルプレイのみだが、オンラインマルチプレイモードを無料アップデートにて追加する。レースや宝石集めなど『Marble Blast』シリーズでも人気だったゲームモードのほか、“ボールロイヤル”なる新モードも登場するという。

PC版にはレベルエディターが用意され、プレイヤーは自由に制作したステージをほかのプレイヤーと共有可能だ。開発元によるとレベルエディターはまだ開発初期段階で、PC版以外にも実装できるかどうかは検討を進めているところだそうだ。そのためコンソール向けには、当面はPC版ユーザーが制作したステージから評価の高いものをピックアップして、DLCパックとして無料配信する計画となっている。これらの具体的な配信・実施時期は未定だが、可能な限り早くおこないたいとしており、まずは本作の日本でのローンチを期待して待ちたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog