『ダンスダンスレボリューション』を遊んで “約56キロ”痩せた男がアメリカに現る。ダンスを踊りまくり肥満から脱却

アメリカのアーカンソー州に住まうユーザーXopher氏が、『ダンスダンスレボリューション(以下、DDR)』を使うことで約56キロ(125ポンド)もの減量に成功したようだ。Kotakuなどが報じているほか、弊誌でも氏にお話をうかがったので、そうした話をまじえて氏の成功体験をお伝えしたい。

スポンサーリンク

Xopher氏は、肥満傾向の男性であった。食べるのが好きで、2012年には最大150キロもの体重があったという。しかし氏は、医師には「このままでは50歳までに心臓移植が必要になるだろう」と告げられた。それからジムに行き始め13キロ痩せたものの、体重は130キロ後半を行き来し続けていた。今回の『DDR』ダイエットのきっかけが生まれたのは、それから数年先。氏がネットサーフィンしていると、eBayにて800ドルという格安価格で『DDR』の筐体(DanceDanceRevolution SuperNOVA)が売られていることを見つけ、さらにちょうど良いタイミングでガレージに空きができたのだという。実は氏はもともと『ダンスダンスレボリューション』を好んでおり、地元のゲームセンターにて「SuperNOVA」を楽しんでいたという。運命的な出会いを果たし、ガレージにて『DDR』を遊ぶようになったのだ。

格安ということもあってか筐体の状態はあまりよくなく、自身の手で修理を進め、ついに『DDR』が遊べるようになった。最初はそれほどのめりこまなかった『DDR』であるが、上達すると共に徐々にのめりこんでいく。運動することで身体の調子がよくなり、あわせて食生活の見直しを検討。具体的には、朝食は卵とコーヒーで、昼食と夕食は肉などをとりながらも、野菜はしっかり食べるようにしていたとのこと。ただし、していた運動はあくまで『DDR』のみだった。

氏はこの生活スタイルを維持し、『DDR』を始めた2014年から2年をかけて、22キロの減量に成功。そして2018年には体重は90キロをきるほどになった。合計としては、56キロほど減らすことに成功したわけだ。140/80だった血圧値は、110/65へと減少。ついに、医師から警告を受けていた心臓の負担についても悩む必要がなくなったとのこと。ここ1年は、体重の減少傾向が見られないこと、そして下半身ばかりが鍛えられることを意識し、ウェイト・トレーニングを始めたという。順調に肉体改造を進めているそうだ。

ではXopher氏は、どの程度『DDR』をしていたのだろうか。氏によると、1週間に5~6日はゲームをプレイし、平均としては2時間ほど遊んでいたとのこと。仕事が休みで、のめり込む日はなんと8時間にわたって遊び続けたこともあると語ってくれた。氏の環境では、『DDR』を1時間プレイすると約600キロカロリー消費するという。単純計算すると、1日1200キロカロリーになる。アメリカは摂取カロリー大国として知られているが、それでもかなりの量のカロリーを毎日消費していたからこそ、氏は健康的な身体を手に入れられたのだろう。

なぜこれほど続けられたのかと尋ねたところ、氏は『DDR』が好きだからと答えてくれた。曲に合わせてタイミングよくステップを踏み、フルコンボをするのがとにかく楽しいのだという。現在では高難易度の「足16」のパーフェクトコンボを繰り出せるほどなのだとか。氏は今年で37歳になるが、ゲームをプレイしているおかげで、その身体は健康そのもの。ただし、年齢によって疲れを感じることもあるといい、いつまで『DDR』をプレイできるか楽しみにしているとも語った。

ただし、氏には悩みもあるという。それは『DDR』人気がコミュニティで高まっているにも関わらず、プレイできる環境が少なくなっていることだ。「DDR Storm」「Raj of the Garage」「Big Deal」といったコミュニティが盛り上がりを見せており、大会をひらけば300人以上が参加するという盛況ぶりであるが、それはあくまで筐体があればの話。氏が最新の『DDR』のアーケード筐体をプレイするには、5時間ほど車を走らせなければいけないという。個人で筐体を購入することも許されておらず、コミュニティとしては苦しい思いをしているという。e-AMUSEMENT機能を持つ『DDR』筐体を、個人で購入できるようになることを強く希望していると語った。

ちなみに話はやや変わるが、最近では海外メディアDeadlineが、『DDR』を映画化させるプロジェクトが進行中であると報告。Greg Silverman氏が立ち上げた製作会社Stampedeが、ブランデッド・エンタテインメント、コナミとともに共同で映画版「ダンスダンスレボリューション」の企画開発をスタートさせたことを発表したとのこと。滅亡の危機に瀕する世界にて、共通言語であるダンスで世界を救うものになるのだとか。エンターテイメントだけでなく、健康ツールとしても多くの人々に愛されるリズムゲーム『DDR』。今後も人気はさらに拡大していきそうだ。

なおXopher氏は、そのダンスの様子をTwitchなどで健康的に配信中。Twiter(@xopher314)でも健康状態などを報告しているので、氏のプレイを見てみたい方は、SNSなどをフォローしてみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog