UBIのPC向け無料ゲームが立て続けにサービス終了、海賊版に対抗する収益モデル期待するも短命に終わる

Ubisoft Entertainment SA(以下、UBI)は26日、基本プレイ無料のオンラインゲーム『Tom Clancy’s Ghost Recon Phantoms』のサービスを、12月1日で終了すると発表した。先日には、『Might & Magic: Duel of Champions』『The Mighty Quest for Epic Loot』『Tom Clancy’s Endwar Online』も、10月いっぱいでのサービス終了が連日伝えられていた。いずれも2012年から2013年にかけて発表された無料タイトルで、奇しくも同社CEOがPCゲームのF2P(Free-to-Playの略、一部ゲーム内課金を除いて無料で遊べるゲームデザインを指す)モデルに希望を見出していた時期と一致する。しかし、その期待とは裏腹に、現実には多くの無料ゲームがわずか3年という短命で生涯を終えてしまったようだ。

 

スポンサーリンク

海賊の襲撃から逃れた先は無人島だった

『Ghost Recon』シリーズの無料オンラインゲーム
『Ghost Recon』シリーズの無料オンラインゲーム

『Tom Clancy’s Ghost Recon Phantoms』は、2014年4月にUBIから正式ローンチされた基本プレイ無料のPC向けタクティカルシューター。同社の看板タイトル『Tom Clancy’s Ghost Recon』シリーズの一部として、2012年8月からベータテストを実施。当時は『Ghost Recon Online』という名称だった。一時はWii U版の展開も議論されたが、結局実現には至らなかった。今月26日、運営元はわずか4年余りでサービスの終了を宣言した。マイクロトランザクション機能はすでに停止。ゲーム自体も12月1日をもって完全にシャットダウンされる。本作は、あからさまなP2W(Pay-to-Winの略、課金しないと勝てないようなゲームデザインを指す)モデルが酷評され、たびたびSteamレビューが赤く染まる要因になっていた。今回の発表に際しても、ビジネスモデルがゲームを殺したと揶揄する声は決して少なくない。

『Might & Magic: Duel of Champions』は、2013年11月にリリースされた無料オンラインカードゲーム。来る10月31日をもって3年足らずのサービス期間を終了する。リアルタイムストラテジー『The Mighty Quest for Epic Loot』にいたっては、2015年2月に正式ローンチされたばかりだ。こちらも10月25日付でサービス終了。フルリリースに先立って、2013年6月からクローズドベータテストにて、同11月からSteam早期アクセスにてサービスを開始していたとはいえ、あまりにも早い幕引きとなった。さらに、無料オンラインブラウザゲーム『Tom Clancy’s Endwar Online』も同様に、2013年夏の発表から昨年9月のクローズドベータテストを経て、今年2月に正式リリースを迎えたばかり。こちらも10月31日で短いサービス期間を終了する。これら全てに共通しているのが、2012年以降にUBIが舵を切った無料ゲームラッシュに乗じて世に送り出された点だ。

2012年といえば、「Gamescom 2012」に際して、UBIの創業者兼CEOであるYves Guillemot氏が、PCゲームで収益を上げるためにはF2Pのビジネスモデルが大きな役割を担っていると発言し、その内容が物議を醸した時期だ。同氏は当時、業界メディアGamesIndustry Internationalのインタビューに対して、PCゲームの海賊版が横行する現状で、正規購入ユーザーは全体の5パーセントから7パーセントしかおらず、基本無料ゲームのマイクロトランザクションに課金する割合と大して変わらないと語っていた。残り9割以上のユーザーが海賊版をプレイしているとしたら、ゲーム内課金により収益が得られ、ブランドも長続きするF2Pモデルの方がはるかに有用性があると判断したというわけだ。加えて、一般的に無料ゲームの方が開発・流通コストが低く抑えられることも理由と考えられる。しかし、皮肉にも海賊の襲撃から逃れるために舵を切った先が、誰も住み着かない無人島と化してしまったようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog