任天堂、『Owlboy』や『RiME』、『Overcooked』など多数のNintendo Switch向けインディーゲームを国内でも配信へ

任天堂は5月20日・21日に京都のみやこめっせで開催される「A 5th Of BitSummit」に出展するNintendo Switchタイトルを公開した。任天堂ブースで体験できるタイトルは約11タイトルとなる。

すでに国内で発売されていることが告知されている『バトルスポーツめく~る』や『デ・マンボ』といったタイトルのほか、海外向けに発売中もしくは発売が予定されているタイトルを、国内でも配信されることが決定している。Rareタイトルからインスパイアを受けて作られた『Snake Pass』(弊誌レビュー)や見下ろし型のアクションゲーム『Mr. Shifty』、横スクロールアクション『GoNNER』、そして過酷な環境で他プレイヤーと協力して料理を作り上げる『Overcooked: Special Edition』だ。

スポンサーリンク

これらのNintendo Switchタイトルはあくまで任天堂ブースで出展されているだけに過ぎない。Raw Furyコーナーでは『Dandara』や『Kingdom: Two Crowns』が出展されるなど、他のパブリッシャーのコーナーでも幅広い海外向けインディータイトルが用意されている。

またBitSummitには出展されないようであるが、「ニャニャニャ! ネコマリオタイム ニャンディーズ スペシャル」ではオープンワールドアドベンチャー『RiME』やハイスピードレースゲーム『FAST RMX』、『Steam World Dig 2』や『RUNNER 3』、「ファミコンウォーズ」を彷彿とさせる『War Groove』、『Hollow Knight』など海外向けに発表されていたNintendo Switchタイトルの国内向け配信が決定している。

今回サプライズとなったのは『Owlboy』のNintendo Switch向けリリースだ。『Owlboy』は2016年11月にリリースされたD-Pad Studio開発の探索2Dアクションゲーム。美しいドット絵やアクションゲームとしての完成度の高さが好評を得たほか、8年間も開発を続けられた作品としても注目を浴びていた。先日PC版の日本語の配信が発表されていたが、Nintendo Switch向けにも配信されるという発表は嬉しいサプライズだろう。

以前から弊誌は海外向けNintendo Switchインディータイトルを取り上げてきた。海外では2月28日に、こうしたタイトルを紹介するプレゼンテーション「Nindies Showcase」が放送された。放送のなかでは大量のインディータイトルがNintendo Switch向けに発表されたが、あくまで海外での展開に過ぎなかった。しかし、放送のなかで発表された有力タイトルの多くが国内でも配信される予定であることが、今回判明した形だ。

映像やスクリーンショットを見る限り、単にゲームが配信されるだけでなく、日本語にローカライズされるであろうことがわかる。海外だけでなく国内でも、Nintendo Switchにおけるインディーゲームのシーンの大きな盛り上がりが感じられるだろう。弊誌では今回公開されたタイトルの多くを紹介および報じているので、タイトルの詳細について知りたいユーザーは、こちらの記事を参考にしてほしい。

 

BitSummit出展タイトル

バトルスポーツめく~る

神巫女 -カミコ-

THUMPER リズム・バイオレンスゲーム

デ・マンボ

中毒パズル レベルス+

Snake Pass

グーの惑星

Mr. Shifty

マイティガンヴォルト バースト

GoNNER

Overcooked: Special Edition

 

 

そのほか発表された発売予定タイトル

RiME

FAST RMX

Steam World Dig 2

Shovel Knight

Dusty Raging Fist

Graceful Explosion Machine

Has-Been Heroes

Back Slash

Kingdom Two Crowns

L.F.O -Lost Future Omega-

She Remembered Caterpillars

YIIK: A Postmodern RPG

Hollow Knight

None Parchments

 

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog