Nintendo Switchの勢い止まらず、米国チェーンでの発売2か月の販売ペースは「1億台ハード」Wiiを約10%上回る

米国の大手ゲーム販売チェーンGameStopは、第一四半期の決算報告において、Nintendo Switchを2か月の間に120万台販売したと報告した。その詳細をGamasutraが報じている。同チェーンにおいて、発売から2か月で120万台を売り上げるというペースは、2006年に発売され世界で1億台以上を販売したWiiの販売ペースを約10%上回るという。Nintendo Switchはリリースされた直後にWiiを凌ぐペースであると報じたが、その勢いは発売後翌月も継続されているようだ。

Image Credit: 任天堂公式ホームページ

 

スポンサーリンク

GameStopは、Nintendo Switchの販売に並々ならぬ意欲を見せ、重点的なプロモーションをおこなっていた大手チェーンである。前年の同時期に比べると新作タイトルの売上は8.2%落ち込んだものの、ハードウェアの売上は24.2%上昇している。GameStopは昨年11月時点からNintendo Switchに対し「ゲーム人口を拡大できる」と期待を寄せており、発売前から先んじて多くの在庫を確保し、うまく成功に乗った形だ。CFOであるRob LloydはこれまでのNintendo Switchのセールスに満足感を示している。

我々はWiiの販売も経験しており、そのWiiを上回っていることが重要であると感じているよ。ヒットする前から製品を確保していたが、需要がまだまだ追いつきそうにない。中古ゲームの事業もよい影響が出ている。来年には新作タイトルも増えていると思うよ。

ちなみにソフトに関する比較をすると、発売2か月以内に発売されたパッケージタイトルは、Wiiの25本に対し、Nintendo Switchは11本。同ハードはダウンロードタイトルが24本あり、ふたつ合わせると35本とWiiを上回る。近年はダウンロードタイトルの重要性が高まっていること、Wiiはローンチタイトルに恵まれたハードであることに留意しなければいけないが、Nintendo Switchのパッケージタイトルの少なさがやや気になるところだ。

売り上げでいうと、Wiiは発売3か月目から販売の推移がやや落ち着き始めたというデータが出ている。Nintendo SwitchがWiiを長期的に超えるかどうかは、発売から3か月目となる5月の販売台数から占えるかもしれない。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog