「ニンテンドースイッチの品薄はまったく意図的なものではない」任天堂役員が品薄問題に言及

任天堂の企業広報シニアディレクターであるCharlie Scibetta氏は、Ars Technicaとのインタビューのなかで、世界各地でNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が品薄状態となっている問題について「まったく意図的なものではないです(definitely not intentional)」とコメントしている。

Wii Uの後続ハードとして2017年3月に発売されたニンテンドースイッチ。携帯機と据え置き機のハイブリッドというコンセプトが支持され 、さらに『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』というロンチタイトルの後押しも受け、発売日からロケットスタートを切り発売から3か月以上が経過した現在でも好調を維持している。

スポンサーリンク

一方で 、公式通販サイトであるマイニンテンドーストアでは、在庫が入荷されると瞬く間に売り切れ、国内の小売店でも品切れ状態が続いている。国外でも品薄傾向にあると伝えられているが、海外フォーラムNeoGAFでは日本の品薄状態に好奇の眼差しが向けられている。 こうした飢餓ともいえる品薄状態を演出することにより、消費者の購買意欲を煽っているのではないかという指摘も存在している。Scibetta氏の「まったく意図的なものではないです」という発言はこうした疑惑を否定するものだ。

Scibetta氏は続けて「できるだけ早く(ニンテンドースイッチを)作っていきたいと思っています。これから出るソフトウェアをサポートするためにも、多くの台数を生産したいです。特にホリデーには『スーパーマリオ オデッセイ』が出るので、(小売店の)棚にはニンテンドースイッチを置いておきたいですね。」と語っている。

品薄状態であることは、確かに消費者の購買意欲を扇動する面もあるが、品薄であるということは機会損失も同時に発生しており、むしろそちらの痛みの方が大きいとも考えられる。任天堂は同ハードを世界各地にできるだけ早く届けるために、航空便を利用としているとの報道もある。またちょうど昨日6月22日には、国内の品薄についてお詫びする内容の告知を出し、7月と8月の本体出荷量を増やしていくとも述べている。

国内においては6月16日に発売された『ARMS』の販売が好調で、『スプラトゥーン2』というビッグタイトルの発売も控えている。またScibetta氏が指摘するように、『スーパーマリオ オデッセイ』は英語版のトレイラーが1100万位回以上再生されており(日本語版は約100万回再生)、ホリデーの注目タイトルになることが予想される。今後のラインナップを考えると、購入できない消費者をこれ以上増やさないためにも、今から生産スピードのギアを上げることが至上命題となるだろう。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog