ニンテンドースイッチ、サードパーティー作品の「ファイルサイズの大きさ」が海外で取り上げられる。DLパケ版ともにストレージを占有

ニンテンドースイッチでリリースされるサードパーティータイトルのファイルサイズの大きさが海外で取り沙汰されている。話題の中心となっているのは国内では12月に発売される『L.A.ノワール』。販売元であるRockstar Gamesは、同タイトルのダウンロード版(DL版)のファイルサイズが29GBになると先日発表した。ニンテンドースイッチの本体ストレージは32GBであり、そのうちシステムファイルによって6.2GBが使用されているので本体ストレージには入り切らず、32GB以上のmicroSDカードが必須となる。そのほかのサードパーティーでもこの傾向は強く、2Kから発売されている『NBA 2K18』のダウンロード版は22.9GBと本体ストレージには収まるものの、やはりmicroSDカードを持っておくことが推奨されるだろう。また正確なファイルサイズはまだわからないものの、『WWE 2K18』のDL版もまた大容量のmicroSDカードが必要になるのではないかとされている。

『L.A.ノワール』

こうした問題はDL版のみに限った話ではない。『L.A.ノワール』はパッケージ版購入者もデータのダウンロードのために14GB以上のストレージの空きが求められる。パッケージ版『DOOM』に関しても、マルチプレイを遊ぶために9GBのファイルのダウンロードが必要になるとされている。カートリッジ+ダウンロードという手法を採用しているのは、おそらくニンテンドースイッチのソフトカートリッジのコストの問題であるという見方が強い。今回の『L.A.ノワール』や『RiME』のパッケージ版は海外では、他プラットフォームタイトルよりも10ドル高い価格に設定されている(関連記事)。こうしたカートリッジコストは容量が大きくなるほど、上昇していくという。つまり、データの一部をユーザーにダウンロードさせることにより、カートリッジコストを抑える狙いだろう。そうした理由により、マルチプラットフォームにおける大作タイトルを遊ぶためには、DL版・パッケージ版ともに大容量microSDカードを備えておくことが必須になりつつある。

スポンサーリンク

特にこの『L.A.ノワール』DL版の「外部ストレージ必須」という仕様はインパクトが強かったようで、Eurogamerおよび大手メディアがこの話題を取り上げたほか、redditでは1900以上のコメントが寄せられ、ファイルサイズの大きさや本体ストレージの小ささについて議論されている。ただ実は本体の容量以上のファイルサイズのニンテンドースイッチタイトルがリリースされたのは今回が初めてではない。本体と同日発売された『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』のDL版は26.8GBで、こちらも大容量のmicroSDカードが必須となる。ただ同作は海外では未発売であるので、今回の『L.A.ノワール』に注目が集まっているところがあるだろう。

『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』

ただ、こうしたサードパーティーはファイルサイズの圧縮を怠っているというわけではないようだ。たとえば『NBA 2K18』のPS4版は46.8GBであるのでニンテンドースイッチ版の22.9GBという数値は半分以下となる。Bethesdaが開発する『The Elder Scrolls V: Skyrim』のDL版のサイズは14.3GB。他コンソール向けの『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』は22.75GBであるので、やはりスリムになっている。同じくBethesdaが手がける『DOOM』のPC版のファイルサイズは77GB。同作のニンテンドースイッチ版は13.4GB、ダウンロードするものを合わせても22.4GBなので1/3以下のファイルサイズに抑えられている

他コンソール版とはグラフィックを中心としたさまざまな仕様が異なるので、一概に数値だけで比較してしまうのも危険であるが、Bethesda作品のように時間をかけてハードに向けて最適化しているタイトルは、やはりファイルサイズが小さくなる傾向があるように見える。最適化の重要性が特に顕著に見えるのは、任天堂タイトルのファイルサイズだ。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のDL版は13.4GB。『スプラトゥーン2』DL版は3.1GB。『スーパーマリオ オデッセイ』DL版は5.7GB。どのタイトルも膨大なボリュームをほこる大作であるが、15GB以下に抑えられている。容量を圧迫しやすいボイスの存在の有無など、さまざまな要因も存在することが予想されるが、最適化されているタイトルほど容量は小さくなっていく傾向が見て取れる。ただ、他プラットフォーム版よりも発売日が遅れており、移植に時間をかけられているであろう『RiME』はPS4版が4.2GBであるのに対し、ニンテンドースイッチ版は6.9GBになる予定であるので、一部例外もあるようにも見える。

多彩なステージやボリュームを誇りながらわずか5.7GBに収められている『スーパーマリオ オデッセイ』

任天堂自身もニンテンドースイッチにおけるファイルサイズについては認識しているようで、ニンテンドー・オブ・アメリカはWestern Digitalとともに、SanDiskブランドから大容量のmicroSDXCカードを発売している(関連記事)。ラインナップは64GBと128GBの2種類で、それぞれマリオとリンクのイラストが描かれており、公式アクセサリとして販売されている。公式より外部ストレージを販売することは、ファイルサイズについて意識した展開であると考えられるし、今後大容量ストレージが必要になってくるというメッセージとも受け取れる。

ニンテンドースイッチ向けにファイルサイズをどこまで最適化するかというのはマルチプラットフォーム展開をする各社にとって悩ましい一面であるだろう。サイズの大きさとカートリッジコストの価格の高さが比例するという噂が本当であるならば、ファイルサイズを小さくすることでコストが抑えられるという点で時間をかける価値があるかもしれない。ただユーザーの目線で考えると、ニンテンドースイッチの販売台数が絶好調であり、大作を発売するサードパーティーが続々と参入している面から考えると、このファイルサイズにおける問題は今後も続くことが予想される。もし同ハードでサードパーティー製の大作を遊んでいきたいならば、大容量のmicroSDカードを購入することが求められそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog