『Cuphead』開発者は、業界経験のない「建設作業員」だった。最初で最後の覚悟でゲーム開発に着手し、ミリオンヒットを生み出す

12月11日から13日まで、カナダにてゲームイベント「MIGS 17(Montreal International Game Summit)」が開催されており、今年PC/Xbox One向けに発売された2Dシューティング・アクションゲーム『Cuphead』を開発したStudioMDHRがキーノートセッションに登壇した。ここではスタジオ共同設立者のChad Moldenhauer氏、Jared Moldenhauer氏、Maja Moldenhauer氏が、本作が生まれた背景などについて語っており、海外メディアGamesindustry.bizVentureBeatなどがその模様を報じている。

E3 2015でマイクロソフトのプレスカンファレンスに登壇したChad Moldenhauer氏とJared Moldenhauer氏

Chad・Jared兄弟は幼い頃から古いアクションゲームをプレイし、また父親の影響でディズニーの「シリー・シンフォニー」など昔のカートゥーンアニメが好きだったそうだ。そして、いつの日か自らの手でゲームを作ることが夢だったという。時が経ち、大人になった兄弟は建設作業員として働きながら空いた時間に独学でゲーム作りをおこない、Chad氏の妻Maja氏も産休のあいだ二人を手伝うことにした。彼らはゲームイベントなどに出向くこともなく、地下室にこもってゲームを作っていたという。

スポンサーリンク

1930年代のカートゥーンアニメ風のアートスタイルに、ボスバトルをメインとするゲームスタイルは開発当初からほぼ固まっており、製品版の99パーセントは当時頭の中に既にあったものそのままだとChad氏は語っている。そのChad氏はアートディレクターとしてアニメーションを担当していたが、それまでアニメーターとしての経験はなかった。そのため、まずはカートゥーンアニメのビデオコレクションを引っ張り出してきて、「ポパイ」や「ミッキーマウス」などを見ながら真似て描いてテストをおこなっていたそうだ。そうした中で、CupheadとMugmanという本作のオリジナルキャラクターが生まれたという。

『Cuphead』は、E3 2014でのマイクロソフトのプレスカンファレンスで大々的に披露された。StudioMDHRはGDCのIndependent Games Festivalに本作を出品しており、そこでマイクロソフトの[email protected]チームの目に留まり販売契約を結ぶことになったそうだ。マイクロソフトからは、あまり大きな額ではないが開発資金を得ることができ、またマーケティング面での強力なサポートを約束された。そして本作は翌年のE3 2015でもプレスカンファレンスに登場。今度はChad・Jared兄弟もステージに上がりゲームを紹介した。

この時点では彼らはまだ本業の傍らでゲーム開発をおこなっていたが、ファンからの期待の高まりを受けて開発に専念することを決心し、彼らは家を抵当に入れて開発費を捻出する(関連記事)。まさに『Cuphead』のストーリーのような一世一代の大きな賭けに出たわけだが、何もないところから突然ヒーローになろうというような夢物語ではなく、ゲームがファンから歓迎されていることを確認できるまで、一歩一歩着実に歩みを進めてきたことが重要だったとMaja氏は振り返る。

Maja氏は開発当時マーケティングのプランを持っておらず、PR会社と契約するお金もなかったため、マイクロソフトからのサポートが助けになったと語る

本作は難易度の高さが話題になったが、もちろんこれは意図したものだった。Jared氏は開発当時、将来もゲームを作り続けることができるかどうかは分からなかったため、『Cuphead』が最初で最後のゲームになるのであれば、子供の頃に楽しんでいたような高難度のゲームにしようと考えたという。今の時代にはそぐわないかもしれないが、それでもこういったゲームを好むプレイヤーは必ずいるはずだと考えていたそうだ。

結果的に、『Cuphead』は今年9月末の発売からわずか2週間ほどで100万本を売り上げる大ヒットとなった(関連記事)。非公式な数字ながら、SteamSpyによると現在Steam版のみで100万本に達しており、さらに大きく売り上げを伸ばしていることがうかがえる。本作の発売以来、こうした売り上げもさることながら、ファンアートが寄せられたり、中にはキャラクターのタトゥーを彫る人もおり、ファンからの反応には圧倒されているとChad氏は語る。先日開催されたThe Game Awardsでは、『Cuphead』はベストインディーゲーム賞など3つの賞に輝いており、今の時代にそぐわないどころか、今年を代表する作品の一つとなった。

ちなみにChad氏は、開発中にはディズニーから連絡を受けていたことも明かしている。内容については触れなかったが、著作権侵害といった類いの話ではないそうだ。Chad氏は「将来何かのプロジェクトに参加できるようなことがあるかもしれないね」とコメントしており、StudioMDHRの今後に注目が集まる。なお『Cuphead』についてJared氏は、現時点では具体的な計画はないものの「どこかのタイミングで再登場する」と海外メディアIGNに対して語っており、将来的には続編などさらなる展開を視野に入れているようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog