Steamサマーセールで『Dishonored 2』開発。『PUBG』ノーキルでドン勝を食べる方法。今週のゲーミング

Now Gamingは毎週日曜日、各ライターがその週にプレイしたゲームについて、ゆるく書きちらすコーナーです。86回目です。

 

スポンサーリンク

身体にやさし~いゲームください

今週は体調を崩してしまい、家では横になっていることが多かったのですが、変な時間に寝てしまうと後々面倒なので、なにかで時間を潰す必要がありました。まあ、ゲームしますよね。とはいえ忙しい操作や、頭を使うゲームは弱った身体に優しくありません。なにも考えず、ぼ~んやり楽しめるゲームはないものか。ということで『Hidden Folks』をチョイス。

本作について、ついつい“絵本「ウォーリーをさがせ!」のようなゲーム”と紹介してしまうのですが、若い方には馴染みがないのではと不安に……。細かく描き込まれた絵の中から、指定の人物やアイテムなどを探し出すというシンプルなゲームですが、絵の中には似ているけど違うものがたくさんあって意外に見つからない。またドアを開けると出てきたり、物を動かすと後ろに潜んでいたりと、絵本ではできない要素が楽しい。結果ぼ~んやりのはずが、いつしか血眼に。素直に寝た方がよかったかも。
by Taijiro Yamanaka

 

時を止めすぎて考えるのをやめた

今週はSteamのサマーセールということで『Dishonored 2』を開発しておきました。通常価格が4400円に値下げされた上での50%オフ(2200円)。9月にはスタンドアロンDLCが発売されますし、プレイするには丁度よいタイミングではないでしょうか。前作やArkane Studiosの新作『Prey』では、ひたすら時間を止めて(もしくはスローモーション能力を発動して)ゴリ押ししていたのですが、今作では時間操作系の能力を使えないエミリーを選択し、頭を使ってクリアしてみようと思います。

あと、6月28日より『LawBreakers』のベータテストが開始されましたね。ひとまずは癖がなくて扱いやすい「Enforcer」をメインに使っています。新クラス「Wraith」が強すぎると一部で騒がれているものの、対処法を覚えたらそうでもない気が。本作の海外リリース日は8月8日ですが、Steamストアはおま国状態。いずれアジア展開してくれると信じております。
by Ryuki Ishii

 

ノーキルでドン勝を食べる方法

少し前にすすめられて最近流行りの『PUBG』をはじめました。フレンドとお酒を飲みながらゲラゲラ笑ってプレイするのが楽しいゲームという印象でしたが、その後ソロのガチプレイにもすっかりハマってしまいました。9ゲーム目で念願のドン勝。その後は20ゲーム目でドン勝おかわりと、一旦コツをつかめば結構あっさり勝てるので気持ちいいです。最後の2人になるまで発砲しないことが生存率を最大化する鍵。漁夫の利にすべてをかけるゲーム。こういうの結構好きかも。

たまにオープンフィールドで残りの3人くらいになった時によくあるのが、わざと円の中に入らずにビリビリ食らいながらのチキンレース。大量のアドレナリン注射や救急セット、エナジードリンクの薬漬け状態で、相手がコンマ1秒でも先にくたばるのを待つ我慢対決です。ビビって下手に安全地帯に入るといい的。私はこのテクニックでノーキルのドン勝を達成しました。ぶっちゃけあとは運です。
by Ritsuko Kawai

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog